〔PHOTO〕iStock

衝撃の出生数87万人割れ…それでも日本人に危機感がないという危機

少子化に慣れすぎてはいないだろうか

加速する「少子化」の衝撃

2019年12月、衛藤晟一少子化対策担当相は2019年の出生数が87万人を下回ると発表した。1899年に人口統計が始まって以来の最低人数である。

2017年の出生数は約94.6万人、翌2018年は約2.8万人減少(約3%減)で91.8万人であった。そして2019年は前年比約4.8万人減と5%強もの減少である。

2017年に出た日本の将来人口推計によれば、出生数が90万人を割り込むのは2021年のはずだった。予想以上のスピードと規模で少子化が進んでいるのだ。

〔PHOTO〕iStock
 

2004年に111万人だった出生数が約10万人減って100万人になったのは2015年。11年かかっていた。だが2015年からわずか4年で、10万人(つまり4年で1割減)も出生数が減ったのである。

これほどにも出生数減少が加速化する背景には、出産可能年齢にあった団塊ジュニア世代の女性が全員、2019年で45歳以上となってしまったことがある。

1971~74年生まれの団塊ジュニア女性は各年で約100万人いたが、その後は少子化が進んでいるのでこれからは年を追うごとに、出産可能な年齢の女性が減っていく。

今から30年後の2049年に30歳になる女性は、概算で今年生まれた赤ちゃんの半分、つまり約43万人しかないことになる。