〔PHOTO〕gettyimages

米中貿易交渉、中国政府の緊急「深夜会見」から見えたこと

「第一段階の合意」をどう捉えているのか

第一段階の合意

昨年来、互いに拳を振り上げてきた米中が「一時的な妥結」に達したことで、世界経済は、ようやくホッと一息ついた。

12月13日金曜日、中国国務院新聞弁公室は、異例とも言える時間帯に、「米中合意」に関する記者会見を行った。会見が始まったのは、なんと北京時間の夜11時(日本時間深夜0時)。終わったのは深夜0時(同1時)だった。

これはおそらく、ワシントンのアメリカ東部時間午前10時に合わせたもので、この時間設定だけを見ても、長い米中貿易交渉がアメリカ主導で行われてきたことを示唆している。

 

登壇したのは、寧吉喆・国家発展改革委員会副主任(国家統計局長)、廖岷・財政部副部長(中央財経委員会弁公室副主任)、鄭沢光・外交部副部長、韓俊・農業農村部副部長、王受文・商務部副部長(国際貿易交渉副代表)の、実務担当の「対米交渉5人組」である。交渉代表の劉鶴副首相は不参加だった。

〔PHOTO〕新闻发布会现场 中国网 宗超 摄

まずは、「中国のライトハイザー」の異名を取る王受文・商務部副部長が、アメリカとの妥結について概要説明を行った。

「メディアの皆さん、こんばんは。これから『中米経済貿易第一段階妥結』の中国側の声明を述べる。中米両国の経済貿易代表団の共同の努力を経て、双方は平等と相互尊重の原則を基礎として、中米経済貿易協議第一段階の妥結に達した。協定文書は序言、知的財産権、技術移転、食品と農産品、金融サービス、為替と透明性、貿易拡大、相互評価と末端の解決、最終的条項の9章から成っている。

同時に双方が一致したのは、アメリカが今後、段階的に中国製品に対する追加制裁関税を解除していくと承諾したことで、追加制裁関税を上昇から下降へと変えることを実現した。

中国側は、中米両国が世界最大の経済大国として(アメリカが1位で中国が2位)、両国の経済貿易関係は大局の観点から出発して処理せねばならず、経済貿易協議の妥結こそが中米両国の国民と世界の国民の根本的な利益に有利に働き、経済貿易・投資・金融市場などの方面で将来的に積極的な効果を生むものと認識している。

今回の妥結は、総合的に見れば、中国の改革開放を深化させる大本の方向に合致するものであり、中国経済の高質発展の内的需要を推進させるものである。

妥結した内容の実行は、知的財産権保護の助力となり、営業・商業環境を改善し、市場への進出を拡大させる。さらに外国企業を含む各種企業の中国における合法的利益を維持し保護するのに役立ち、また中国企業のアメリカでの経済貿易活動の合法的な権益を保護するのにも有利に働く。

中国の国内市場の拡大に伴って、中国企業はWTO(世界貿易機関)の規則と市場化・商業化の原則に基づいて、アメリカを含む各国の良質で競争力のある産品とサービスの輸入を増加させ、国内消費力アップの傾向に対応し、国民の日々の生活をよくしていきたいという需要を満足させていく。

今回の妥結は、中米両国の経済貿易分野での協力に有利に働き、経済貿易分野での見解の相違をうまくコントロールし、中米経済貿易関係の安定した発展を促進するものだ。最近のグローバル経済が直面している下降圧力の背景下で、今回の妥結は全世界の市場の信用を増強するのに有利に働き、市場の見通しを安定させ、正常な経済貿易と投資活動の良好な環境創造に帰するものである。

双方は、さらに双方が早期に自国の法律の精査と、対等で必要な手続きの翻訳校を完成させ、妥結事項の具体的な進行スケジュールまでも含んだ協定に、正式に署名することを約束した。

協定の署名後、双方が協定の約定を順守し、第一段階の協定の関係内容を実現すべく努力し、双方の経済貿易関係と全世界の経済金融が安定化するのに有利に働き、世界の平和と繁栄を維持し保護することを願う。皆さんどうも」

続いて、中国内外の9人の記者が質問し、壇上の5人が答えていった。以下、要約を訳出する。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら