イージス・アショアに町を滅ぼされる…山口県阿武町の住民の「怒り」

現地ルポで見えた、あまりの理不尽さ
半田 滋 プロフィール

そこまでして「対米追従」か

これほど阿武町を追い込むイージス・アショアは、どのように導入が決まったのだろうか。

2015年、防衛省はミサイル防衛対応のイージス護衛艦を4隻から8隻に倍増させることを決め、現在、7隻目と8隻目の建造を進めている。日米で共同開発中の新型迎撃ミサイルの性能向上もあって、ミサイル防衛はイージス護衛艦の追加で十分というのが防衛省の判断だった。

 

しかし、安倍晋三首相は2017年2月にあったトランプ米大統領との首脳会談で米国製品の大量購入を求められ、この後の首脳会談でも毎回、米国製武器の「爆買い」を迫られて応じたのがイージス・アショアの導入であり、F35戦闘機105機の追加購入だ。

つまり、イージス・アショアの導入は、安倍政権の延命策でもある対米追従のためだったのである。

防衛上の理由からではなく、政権維持のために、阿武町の人々の努力を国がちゃぶ台返しする。そんな理不尽があっていいはずがない。