2019.12.21
# 医療

「高齢で弱ってきたから入院」で後悔する家族が続出するワケ

「寄り添う医療」が病院を超える日
尾崎 容子 プロフィール

病院に入ると、人は「病人」になる

もちろん、リハビリによって若干上向くことがあるのは事実です。

実際におむつでの生活だった方が、老健(介護老人保健施設)に入って手引き歩行でトイレに行けるようになったといった報告は数多くあります。でも、それは「ケアの力」での改善であって、「医療の力」、すなわち投薬や手術などによって治癒したものではありません。

病院を悪く言うと怒られますが、これはやはり言っておかなくてはいけません。病院に入ると、人は「病人」になります。ご自宅で自分のことくらいはなんとかできていた人が、退院する時には自分で食事することができなくなってしまうことは日常的なことなのです。

病気を治す場所であるはずの病院で、なぜ状態が悪化するのでしょうか。それは、病院が投薬や手術などの処置をする場所であり、療養する場所とは言いにくいからなのです。

急性の病気、たとえば誤嚥(ごえん)性肺炎や脳梗塞や褥瘡(じょくそう)の悪化などの時には、点滴をはじめ集中的な処置が必要ですから、入院することになります。その結果、肺炎が治ったり、脳梗塞後の血流の再開が得られたり、褥瘡部分の皮膚が治癒したりします。

いっぽうで、患者さんはベッド上の安静を指示され、歩こうと思う時には安全のため、「ナースコールを押してくださいね」などと指示されます。トイレなど用事がある時ならまだしも、「ぶらぶらしたい」というようなことで多忙な看護師さんを呼ぶことはためらわれます。

その結果、患者さんは動くことが減り、考えることも減り、自宅では「生活していた人」だった人が「病人」となるのです。高齢になって弱ってきたから「病院に入院させたほうがいいかな」と考えて病院に入れることで、思いとはうらはらに、患者さんはますます弱ってしまうのです。

 
photo by iStock

弱ってきた患者が元気になるためのケアは「ない」

実際、今は医療の必要性がない場合の入院は難しくなってきています。たとえ入院できても、介護力不足による入院の場合、あまり悪く言うとその施設で勤務されているみなさんを傷つけてしまうので言いにくいのですが、自分の家族ならばあまり入院をすすめたくないような入院になります。

ですから、医療的な必要性がないのに入院を希望するということは、

「慢性期の患者さんを受け入れてくれる病床が少なすぎる」
「受け入れてもらえても、ご本人やご家族が満足するような温かなケアを受けることは難しい」


という現実に直面することといえます。繰り返しますが、弱ってきた患者さんが元気になるケアを受けることができるような入院は、ほぼ無理なのです。

関連記事

おすすめの記事