2019.12.21
# 医療

「高齢で弱ってきたから入院」で後悔する家族が続出するワケ

「寄り添う医療」が病院を超える日
尾崎 容子 プロフィール

終末期の「身体の弱り」は病院でも治せない

対して、「在宅医療」とはどんなものなのでしょうか?

一般的に在宅医療を受ける対象者は、「通院が難しい患者さん」の場合がほとんどです。歩行ができないとか、認知症が進んでいるなど、患者さんが通院できない理由はさまざまです。その共通点をひとことでいうと「身体の弱り」がある患者さんたちです。

問題なのは、この「弱り」が、はたして治るものなのかどうかということ。

急性の病気による一時的な弱りの場合は、病気が治れば弱りは治ります。しかし、老衰による弱りは治りません。少し回復することはありますが、時間の経過とともに弱りは悪化します。

しばしば、「うちのおばあちゃんはリハビリで元気になった」というケースがありますが、でもそれはリハビリの先生がしてくれたケアで状態がよくなったわけで、薬や手術などの「医療で治る」というのではないのです。

私たちは、人生の終わりに近づいてくると、弱りが出てきます。それは治療で治せるものではありません。ケアの力で多少よくなることがあったりしますが、時とともにその弱りはだんだん大きくなってきます。

 

言い換えると、在宅医療の対象となる患者さんは、こうした弱りを抱えた患者さんです。つまり医療の力が及びにくい患者さんたちです。

在宅医療では、弱りという医療の力が及びにくいものに対して、ケアを中心に対応します。日々、生活能力が落ちていくなかで、ご家族やホームヘルパーさんたちに助けられながら、住み慣れた場所で暮らす日々を支える医療です。

在宅医療は、「治す医療」というよりも、ケアを中心として「生活全体を支える医療」なのです。

photo by iStock

病院に期待しても、無理……

ご自宅で療養中の高齢者を、「入院させたい」というご家族がしばしばいらっしゃいます。理由をお尋ねするとこんな言葉がよく戻ってきます。

「なんか最近弱ってきたし、このまま家にいるより病院に入院したほうがいいかなと思って……」

ご家族がこのようにおっしゃる理由としては、次のような不安と本音があるようです。

・自宅なんかに(なんかに、とあえて強調しておきますが……)ずっといたら、悪くなってしまうんじゃないか……という不安。
・患者さん自身が、自分でできることが減ってきて介護の手間が多くなり、介護者がしんどくなってきている……という本音。

もちろん、患者さんそれぞれに状態も事情も異なります。けれども、「入院したほうがいいのか?」という疑問に対して私の結論を言うと、「入院することがいいとは思わないし、頼んでも入院は許可してもらえないと思います」となります。

不安を抱えていて、疲れを感じているご家族に、いきなり結論を突きつけてもつらくなってしまうだけです。だから、いろいろお話をうかがいます。そのうえで、

「なるほど、このままだともっと弱るんじゃないかって、ご心配なんですね」

そう問い返すと、ご家族の「そうです」という答えが戻ってきます。

次に尋ねるのは、患者さんに接しているご家族の負担についてです。これに対しては、「もう限界」から「私の負担はたいしたことはない」まで、返答はさまざまです。そのうえで私は、「入院はいいと思わない」ということと、さらに踏み込んで「実際入院は無理だと思います」ということをお話しします。

「現在の状態は“弱り”というものですよね。熱が出たとか、痙攣(けいれん)しているとか、意識がなくなったとかの急性の病気じゃないですよね。慢性の、加齢による弱りですよね。さて質問しますが、この弱りって、治せるものと思われますか?」

これに対して、「治せる」と思っている方がずいぶんいらっしゃるのです。

実は、老化や弱りが治せるとは、医療従事者は思っていません。ですから、「弱りを治せる」と、ご家族が考えているとも感じていないのです。これを読んで、「え! 治せないの?」と逆に驚いている方もきっといらっしゃることでしょう。でも、残念ですが、弱りは治せません

関連記事

おすすめの記事