衝撃…「米を食べない」「減塩ダイエット」で寿命が縮む

人間の過去を否定してもイイことはない
週刊現代 プロフィール

減塩のしすぎで高血圧

もうひとつ、米と並んでダイエットに大敵とみなされ、忌み嫌われているものがある。「塩」だ。

Photo by iStock

一般的に塩を摂りすぎると、体内の塩分濃度を保つために身体が水分を蓄えてしまい、体重が増える。これが、いわゆる「むくみ」のメカニズムだ。「体重を落としたければ、糖と同時に塩も控えるべき」。これはいまやダイエットの鉄則のようになっている。

だが、減塩のメリットばかりが強調されている現在の風潮に対して、予防医学の専門家で医学博士の田中佳氏は警鐘を鳴らす。

 

「世界保健機関(WHO)のガイドラインでは、1日の食塩摂取量は5.0g未満に抑えるよう推奨されています。ですが、そもそもこの数値には科学的な根拠はありません。『なんとなく』の、曖昧なものなのです。

これは、医療の現場を振り返ってみるとわかります。たとえば、入院患者に対して私たち医師はリンゲル液という点滴を使っています。リンゲル液には、1パック500mlにつき3gもの塩化ナトリウムが含まれている。

通常、患者さんにはリンゲル液を1日3~4本打ちます。それだけで、塩分摂取量は10g前後。それにもかかわらず、なにも問題とされていないのです。口から摂取する塩分は減らせ減らせというのに、点滴からの塩分はがんがん体内に注入している。結局、目標の塩分摂取量など、あってないようなものなのです」

たしかに塩分の摂りすぎは高血圧や体重の上昇を招いてしまう。しかしその一方で、塩分を減らしすぎるのもまた、寿命を縮めてしまうのだ。