Photo by iStock

衝撃…「米を食べない」「減塩ダイエット」で寿命が縮む

人間の過去を否定してもイイことはない

やっぱり米は万能だった

「でんぷんの源であるお米を適切に摂らないと、人の身体は栄養バランスが崩れて健康に害が及びます。私たちの身体から糖質がすべてなくなってしまうと、たちまち衰弱してしまうのです。

結局、年齢を重ねると、なにか疾病を持っていない人ならむしろ太るくらいにご飯を食べるほうが健全なのだと感じます。しっかりとお米を食べ、それと一緒にタンパク質など他の栄養素も摂取する。それが一番バランスの取れた形なのです」(岐阜大学・応用生物化学部の早川享志教授)

Photo by iStock

米などの炭水化物を食べないでダイエットする、いわゆる「糖質制限」。これを無理に続けると、寿命が縮んでしまう。

今年11月24日にはNHKスペシャル『食の起源』でも米と日本人の関係が取り上げられ、話題を呼んだばかり。番組中では米と人類との長い歴史が紐解かれ、米すなわち糖質こそが脳の発達や生命維持に欠かせない存在であったことが明かされた。

 

たしかに糖質制限は、半年から1年という短期間で実践すればスルスルと体重は落ち、劇的なダイエット効果を上げることができる。ところが、その先に待っているのは我が身の破滅だ。

「米を食べない糖質制限を2週間も続けたら、身体には確実に弊害が出てきます。脳は1日に400キロカロリーのエネルギーを必要としています。そのエネルギー源は、すべて糖質なんです。

たんぱく質や脂質などを大量に摂る一方で炭水化物だけを摂らない状態が続くと、身体がパニックを起こし『飢餓状態』だと錯覚してしまいます。

食事からは脳を働かせるための糖分が摂取されないので、身体は機能を無理やり維持しようと、体内の筋肉を分解して養分を補填してしまう。つまり、身を削ってなんとか帳尻を合わせようとするのです。そんな状態は、健康とは程遠いものです」(応用生理学を専門にする京都大学名誉教授の森谷敏夫氏)