Photo by iStock
# 婚活 # 恋愛

「稼ぐ女」と「稼げない男」は、なぜ結婚できないのか?

未婚率と年収の深い関係
いまや社会問題となっている日本人の「未婚化」。20年後には、なんと人口の約半分が独身者になるという。著書『結婚滅亡』で知られる「独身生活者研究」の第一人者、荒川和久氏によれば、とくに未婚率が高いのは「低年収男性」と「高年収女性」だそう。なぜこの両者はマッチングしないのか、統計をもとに考察する。

高収入女性の「上方婚志向」

かつて生涯未婚率と呼ばれた50歳時未婚率と年収との間には強い相関があります。

しかし、男性と女性とではその相関は正反対です。男性は年収が低いほど50歳時未婚率が上がるのに対して、女性は逆に年収が高くなるほど上がります(図1-14)。

特に、年収400万円台の女性では50歳時未婚率28%、800万円台の女性でも29%と、3人に1人の割合です。絶対数は少ないですが、1250~1500万未満の女性に至っては、36%が生涯未婚です。女性全体の値は2015年の国勢調査では14%ですから、稼ぐ女性の未婚率は全国平均の倍以上であるということです。

 

「ならば、高年収女性が専業主夫の低年収男性と一緒になればいい」という意見もあると思いますが、現実はそう簡単にいきません。

低収入未婚男と高収入未婚女とはマッチングされないのです。