撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

雪の中に頭を突っ込んだナキウサギ。なにをしてるのかと思ったら!?

北海道から毎日お届け中!

干し草ばかりじゃ、のどが渇いちゃって

まだ雪が積もり始めたばかりの山のガレ場で、エゾナキウサギが巣穴から登場するのを出待ちしていると、ひょっこり顔を出してくれました。

 

いつもは、巣穴の玄関先で数秒間瞑想して、すぐにいなくなりますが、何を思ったのか、突然、積もった雪に頭を突っ込み、食べ始めました。

子供の頃、雪を食べて、お母さんから「お腹を壊すからだめ!」と怒られました
 

見ているだけで、頭がキーンとなりそうな勢いで食べています。

冬場は、秋に岩の下に貯蔵した干し草しか食べていないので、喉が渇いて水分を補給していたのかもしれません。

冬はまだ始まったばかり。がんばれナッキー!!!

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!