日本を襲う「海の異変」マグロ・イカ・サケ…漁獲激減の恐ろしい意味

これは何かの「前兆」なのか
週刊現代 プロフィール

ウニしかいない海

科学ジャーナリストの大宮信光氏が語る。

「中国大陸の気温上昇や黄砂の影響を受けている可能性など、原因は諸説あります。しかし、まだ正確に突き止められていないのが現状です。そして、あらゆる異変が日本の海で起こっています」

世界でも突出した海水温度の上昇は、想像を超えた影響を日本の近海に及ぼしている。本来、南の海に生息するはずのサンゴがどんどん北上し、漁場や生態系が激変しつつあるという。

長崎県五島列島の元漁師で現在はダイビングショップを経営する今田哲也氏が語る。

「このあたりでも、かつて生い茂っていた海藻が壊滅してしまい、代わりにサンゴが大量に増えています。

サンゴばかりになって海藻がなくなると、それをエサにするサザエやアワビなども減ってしまう。アワビなどが獲れたとしても、食べている海藻が少なく、身が詰まっていないため、高く売れません」

本来、暖かい海水域に生息するサンゴだが、いまや新潟県佐渡島付近まで北上している。太平洋側は千葉県館山市、日本海側は佐渡島や柏崎市まで、サンゴが確認されているのだ。

Photo by iStock

サンゴの生態に詳しい国立環境研究所の熊谷直喜研究員が解説する。

「その一方で、これまでサンゴが生息していた沖縄の石西礁湖などでは、海水温度が高くなりすぎて、サンゴの白化が確認されています。

白化とは、サンゴに共生する藻類の減少で、体の奥の白い骨が透けて見えることです。白化が続くと、十分なエネルギーが得られず弱っていきます」

このまま海水温度が上がり続けると、北上したサンゴもやがて白化していく可能性がある。海藻が消え、サンゴまで白化してしまった海は、「死の海」と化す。