Photo by gettyimages
# トヨタ # 車

カローラ復活を誰が予想した?トヨタが車体のこだわりを捨てた理由

伝統からの脱却に勝機があった

登録台数2ヵ月連続1位に

日本自動車販売協会連合会が毎月発表する、軽自動車を除く乗用車ブランド通称名別登録台数順位で、2019年10月にトヨタ自動車の「カローラ」が第1位になった。2008年11月以来11年ぶりの王座復活である。

カローラは同年9月にセダンとワゴンがモデルチェンジして通算12代目に進化していたので、新車効果ということもあるだろうが、続く11月もカローラがトップになった。しかも両月ともに上位5台までトヨタ車だったので、特定の車種を首位につかせるような販売戦略はなかったはずだ。

Photo by gettyimages

ちなみに前回首位だった2008年のカローラは10代目であり、2012年に発表された11代目は第1位に輝くことはなかった。すでにトヨタの乗用車の主役はハイブリッド車の「プリウス」に移行していたので、仕方ないという声も多かった。

ただ、筆者はそれ以外にも、先代カローラがトップにつけなかった理由はあると思っている。日本の道での使い勝手を優先した結果、クルマが本来持つデザインや走りの魅力が薄れてしまっていたからだ。

カローラは現在、世界150ヵ国以上で年間150万台以上が販売されるグローバルカーであり、世界中でレベルの高い販売競争をしている。そのため2世代前の10代目からは、国内向けと国外向けで設計を変えており、後者については全幅が5ナンバー枠の1700mmを超えていた。

 

一方の国内向けは10代目では9代目のプラットフォームを継承。11代目ではひとクラス下のヴィッツのプラットフォームを流用し、いずれも日本専用車を開発した。おかげで5ナンバー枠内の全幅は守られた。

カローラは昔から大衆車として認識されてきたうえに、近年はセダンが70代、ワゴンが60代に達するほどユーザーの高齢化が進んでいた。こうしたユーザーに対する配慮を重視したのだ。スタイリングも運転のしやすさを考え、エンジンルーム、キャビン、トランクを箱型とした、典型的な3ボックススタイルとなっていた。