「はい、育児も家事も自分事ではありません!」前回宣言した作家の海猫沢めろんさん。といいながらも、実はご飯を作ったり子どもの世話をしていたりもする。かつ事情により、子どもが1歳半のときには妻と離れて暮らし、ワンオペしていた時期もあるのだ!

ではそのワンオペをどうやって乗り切ったのか。そしてワンオペに対してどのような感想を持ったのか。

ワンオペ体験も踏まえたホストの育児小説『キッズファイヤー・ドットコム』。漫画化された試し読みはこちら

出産翌年の妻との別居

ぼくがワンオペをしていた頃の話をしよう。
正直、あの時期のことはほとんど記憶にないのだが、掘り返してみたい。

子供が生まれた2011年、ぼくらは、かろうじて震災を耐えたボロボロのシェアハウスに住んでいた。シェアハウスといえば聞こえは良いが、実際のところ貧乏学生が集まって生活していた寮のようなもので、メンバーはほぼ全員、学生時代からの腐れ縁らしかった。
らしかった、というのは、ぼくは無関係な人間だったからだ。たまたま知り合ったメンバーのひとりに誘われて、余っていた部屋に住んでいたのである(※シェアハウスについては別の記事で)。

一緒に暮らすなかで、メンバーが何人もいれかわり、そのなかで仲良くなったのが今の妻であるが、出産の翌年に体調を崩し、彼女は別宅で療養することになった(医学部浪人で朝から晩まで勉強し続けていたのだが、さらに子育てという重圧がヤバかった)。

結果的にぼくがシェアハウスに残ってワンオペすることとなった。

シェアハウスなら他のメンバーに助けてもらえたのでは? という疑問もあるだろうが、その時期はちょうどメンバーがいれかわっており、旧知の人間はほとんどいなかった。

ドラマのようなシェアハウスってなかなかないもんです Photo by iStock