2019.12.23
# 腰痛は歩いて治す # 整体 # 心療内科

長年の痛みがどんどん消える自律神経「驚きの改良法」

谷川浩隆の「歩いて治す」診療室
谷川 浩隆 プロフィール

「親友」も「オーガニック食品」もすべて異物で「自分」にとってストレスとなりうる。われわれはそのような「自分と違う外界」に囲まれた孤独な存在なのです
苦手と感じている人と合わせなければいけないときは、ストレスを強く感じます。このような時に自律神経が働き、からだにも変調を起こすのです。

これは青年期や壮年期に限ったことではありません。老年期になっても、たとえば家庭内での嫁と姑の関係だとか、あるいは社会の中では高齢者同士の寄り合いやサークルの中でも起こりうるのです。

異物は外界だけにあるのではありません。痛みやシビレといった感覚は、健康な生活をしている時には体験しない不快なものです。この感覚や情動も「体内に生じた異物」といえるのです。自分以外の異物との間に必ず発生するのがストレスです。

しかし適度なストレスは、生活を活性化させます。異物に対して陰性感情を抱くだけではなく、自分以外の人やものという異物とうまく折り合いをつけて、生活を楽しく変えていくことに意味をみつければ、人生はとても価値あるものになるはずです。

(photo by iStock)

Cさんのように、肩こりという異物とも何とか折り合いをつけていくと、こころとからだの体内LANである自律神経がうまく働きだし、からだの調子もよくなっていくのです。

治すことよりも慣らすこと。「からだを治す」という過剰な意識がかえって治癒をじゃますることがあります。腰痛と折り合ってうまくつきあっていける人は「周囲の環境に順応する」能力が高いのです。

関連記事