(C)日暮キノコ『個人差あり〼』モーニング
# マンガ

【マンガ】妊活、子育て…分かりあえないそれぞれの「夫婦事情」

連載『個人差あり〼』21、22、23話を更新

『喰う寝るふたり 住むふたり』で人気の漫画家・日暮キノコによる新作『個人差あり〼』がモーニングから現代ビジネスへ移籍! 第1話より順次公開し、12月20日(金)に最新第39話を掲載予定です! 本日は第21話、第22話、第23話を公開!

 

あらすじ

ある日突然、平凡なサラリーマンは女になった…。磯森晶、32歳。妻・苑子と二人暮らし。わりとありふれた、冷めた夫婦生活を送っていたが、ある日、晶は女性になってしまった。それは身体ごと性別が変わってしまう「異性化」だった。初めての化粧に初めてのブラ…そして初めての感情。戸惑う晶に妻の苑子は…。

『個人差あり〼』公開中のエピソード

第1話「本日は小説より奇なり」

第2話「32年間ノーブラの女」

第3話 「初出社」

第4話「ときめきの擬音」

第5話「イライラとムラムラ」

第6話「75点の男」(公開終了)

第7話「おっぱいテスト」(公開終了)

第8話「不倫予備軍」(公開終了)

第9話「旅情」(公開終了)

第10話「建て前不要の部屋」(公開終了)

第11話「一線」(公開終了)

第12話「いい日旅立ち」(公開終了)

第13話「ただいま」(公開終了)

第14話「磯森夫婦」(公開終了)

第15話「妻の告白」(公開終了)

第16話「仮説」(公開終了)

第17話「日陰の男」(公開終了)

第18話「薬局のあのコ」

第19話「四畳半問答」

第20話「見えない温度差」

担当編集のコメント

僕は男性です。ですが、男性でいることに飽きてきています。女性になってみたいなーと思うこと、多々あります。結構、そういう方、いらっしゃるんじゃないですか?

そんな方たちに「女性になった自分」を体感してもらえるのがこの作品! 女性になった時の大変さ&楽しさ(?)、新たに知る気持ち、周りの反応などなど。リアルにグサグサ伝わってきます!

また、著者の日暮キノコさんは『喰う寝るふたり 住むふたり』などを描いた、
人間関係を描かせたら当代随一の作家さん!女性になる「異性化」が起こった主人公・晶と、その妻・苑子の関係の変化、新たに育まれる愛、起きてしまう裏切りなどで、読んでいる方をドキドキさせ揺さぶります。

一度読み始めると、徐々にハマって次が気になり、そして抜け出せなくなる新しい「性」の物語『個人差あり〼』、是非ともよろしくお願いいたします!

著者紹介

日暮キノコ/ひぐらし・きのこ

神奈川県出身。第29回別冊フレンド新人まんが大賞の佳作を受賞し、2005年にデビュー。以後、少女誌を中心に活躍。2012年に開始した青年誌での初連載作『喰う寝るふたり 住むふたり』が大きな話題を集め、同作は2014年にテレビドラマ化もされた。著作に、『喰う寝るふたり 住むふたり』全5巻、『モンクロチョウ』全3巻、『なないろ胞子 日暮キノコ短篇集』、『ふつつか者の兄ですが』全6巻など。自他ともに認めるラーメン(特に二郎)好き。

※コミックビューワーは以下のブラウザに対応しています。 Mozilla Firefox、Google Chrome、Apple Safari、Microsoft Edge、Internet Explorer11