# AD special

まずは「ポイント投資」から始めよ——老後2,000万円問題の解決法

図解のプロが紐解きます

提供:TORANOTEC株式会社

2019年に報じられ、世間の関心を大きく集めた「老後2,000万円問題」。金融庁が発表した報告書「高齢社会における資産形成・管理」の「老後に2,000万円の資産が必要」という内容に、「本当に2,000万円も必要なの?」「年金だけで老後を乗り越えられるのか?」などの不安が広がり、批判を受けて報告書も実質的に撤回に追い込まれた。

だが実際には、「2,000万円」という金額だけが一人歩きし、きちんと理解している人が少ないのも事実。そこで今回、経済・経営を中心とした話題をわかりやすく図解した月間訪問者数20万人超の人気ブログ『それ、僕が図解します。』を執筆する「チーフ図解オフィサー」の増澤陸さんに話を伺った。

「2,000万円問題」の本当の意味、そうして誰でも始められる対処法について、わかりやすい「図解」と共に正しい知識を学んでいこう。

取材:中川明紀

国民が本当に知るべき3つの事実

大いに話題になった金融庁のレポートですが、実は「老後2,000万」は全体の中で、ほんのリード部分でしかなく、あのレポートで実際に伝えたかった内容はそれとは全然違っていた、ということをご存知でしょうか? 結構な金額の税金を使ってしっかりまとめられたレポートが、世間に誤解されたままで、とても“もったいない”状態になっています。

私は経済・経営を中心に、世の中の分かりにくい話題や納得の行かない問題を少しでも多くの人に理解してもらうために、今までも軽減税率やQRコード決済サービスなどを図解でわかりやすく説明してきました。今回も報告書に書かれていた国民が本当に知るべき3つの事実を図解していこうと思います。

チーフ図解オフィサーの増澤陸さん

夫婦で「2,000万」は本当に必要か?

一つは「2,000万円が一般的なモデルに過ぎない」ということです。余裕ある老後を送るためには、年金以外に月々の平均約5万円が必要として、それが30年続く事から算出した数字なんです。実際は、人によって月々に必要な額が異なります。

例えば、収入に関していえば、もらえる年金の額は、勤続年数、平均給与、雇用形態などによって大きく変動します。また支出について、「住居費」は大きな部分を占めるものですが、持ち家なのか、賃貸なのかで老後の住居費は変わってくるでしょう。いま、高齢世代の持ち家率が高い一方で、若い世代の持ち家率がどんどん下がっているというデータがあります。

そのような状況で算出された「月額5万円」「老後2,000万円」という数字はあくまで目安であって、状況は一人ひとりみんな異なります。簡単な答えは有りません。だから、一人ひとりが自分にはいくら必要か、しっかりと把握しましょうと報告書は提案しています。

「老後」は3つのフェーズに分割せよ

二つ目は「自分は何歳で寿命が尽きるか」ということです。

「老後」というと、一般的には定年退職して年金生活している期間、と思われています。しかし、実際には「老後」の中にもいくつかのフェーズがあります。

まず65歳で年金受給が始まってから、「日常生活に制限のない期間」があります。これは「健康寿命」と呼ばれています。この間は、働いたり、余暇を楽しんだりということが現役時代とほぼ同様にできます。

次が「平均寿命」が来るまでの期間。平均寿命というのは、0才児の平均余命、つまり、その年に生まれた子どもが平均何歳まで生きるか? という年齢のことです。男性の平均寿命は81.25年、女性は87.32年(H30.簡易生命表)。若い人にとって、一つの目安になる年齢です。

そして最後が、「80歳の平均余命」。実は、平均余命は年齢によって異なります。現在80歳の男性の平均余命は9年となっています(H30.簡易生命表)。つまり、89歳前後まで生きている可能性が高いということです。

同様に、現在80歳の女性の平均余命は約12年なので92歳まで生きると想定できます。この年数は年々伸びています。なので、この「おつり」のような期間を想定して、「自分は95歳まで生きる」と考えて計画をするべきなのです。

大切なのは「お金の寿命」だった

なぜそこまで保守的に見る必要があるのか。それは、もう一つの寿命「お金の寿命」と深いかかわりがあります。「お金の寿命」は報告書で資産寿命と書かれていますが、自分の資産を切り崩しながら生きる老後において資産が尽きるまでの期間を指します。

お金の寿命が尽きる前に寿命が尽きればいいのですが、もしお金の寿命が先にきてしまったら、その先は社会保障給付等のわずかな収入のみ。若い頃に購入したマンションに住んでいれば資産とみなされて生活保護を受けることもできません。生活保護を受けるために90歳になってマンションを売却し、引っ越さなければならないという苦しい選択を迫られることになります。

もし、命の寿命よりもお金の寿命や健康寿命が先にきてしまったら。仕事もできず、お金もない状態でどうやって老後を生きていくのでしょうか。そうならないように若いうちにお金の寿命を延ばしましょう、というのが報告書に書かれている3つ目の事実です。

「人生時計」で考える資産形成のタイミング

お金の寿命を伸ばすには、まずお金の勉強をする必要があります。それをはじめるのはいつ頃がいいでしょうか? 「タイムイズマネー」という言葉がありますが、お金の寿命を考えるにあたって、人生を一日24時間に例えると理解しやすくなります。「人生時計」と言われるものです。

資産形成を考え始める時期は人生に3回訪れます。

1つ目は、始業時間の午前9時ごろに当たる27歳前後。社会人になり、一定の収入や社会のルールなどもわかってきた頃で、自分の将来にも責任を感じ始める頃です。結婚や、サラリーマンなら賃貸か持ち家を検討するのもここから36歳までの「午前中」に当たる期間でしょう。例えばこの頃に投資を始めることができると、時間を大きく味方をつけることができます。

2つ目が午後3時にあたる45歳頃。多くの人が家庭を持ち、親が年老いてきて将来設計を心配しはじめる頃です。お金の勉強をするための時間や体力、気力も十分あるでしょう。そして、午後3時は銀行が閉まる時間。できればこのタイミングまでに元手を入金しおきたいところです。

3つ目は定年間際の60歳〜65歳。このころには自分が受け取れる年金の額がはっきり見えて来ています。多くの場合、72歳以降は蓄えを取り崩すだけとなりますので、そうなる前に、自分の生活をどうするのか、しっかり設計する必要があります。そのためには、お金の蓄えも必要ですが、それ以上に知識の蓄えが重要です。自分で自分の資産計画を立てられるだけのリテラシーが必要になるからです。

報告書が本当に伝えたかったこと

「お金の寿命」を伸ばすためには、何よりもお金に関するリテラシーを身につける必要があります。それはいつから始めるのがいいでしょうか?

先に述べた通り、65歳前後で、いよいよ老後に突入する際に、自分の今後の計画を自分で立て直す必要があります。そこからお金に関する勉強を始めるのはいいことだと思います。

ただし、積立や不動産投資をするには条件が厳しく、頼みの貯蓄を株式投資に回すにはかなり慎重にすべきでしょう。必然的に資産を形成するのではなく、資産を守るための勉強が中心となります。

それ以前のタイミングであれば、「資産を増やす」ための勉強を積極的にして良いと思います。

若い頃からお金の勉強をして、十分なリテラシーが身につけられれば、消費税率や年金受給額の変動があっても自分で見直しができるようになるし、自分の人生にいくら必要かを自分で把握し、老後に備えて資産を形成していくこともできるようになります。先の報告書が伝えたかったのは、実はこの点だったのです。

では、具体的にどのようにすればいいのか。私はリテラシーを身に着けながら資産を増やしていくのに一番適した勉強方法は「投資」だと思っています。

投資でお金が増える理由、増えたお金をまた投資に回すことで、より大きなゲインを得る「複利」の仕組み。投資でお金が減ったとき、元の水準に戻すことはそう簡単ではないという仕組み。そして何より、自分の目の前で起こる現実をありのままに受け入れる冷静さと、を養うことができるのです。

投資は余剰資金「ポイント」を活用せよ

投資の結果、お金は増えることもあれば、減ることもあります。だからこそ、投資はまずは余剰資金で始めるのが望ましいのですが、そのときに着目してほしいのが、貯まっている「ポイント」です。

年間に発行されるポイントは約2兆円と言われています(矢野経済研究所調べ2019年推定)。一方で、そのうち無駄になり、消えてしまうポイントは約5%あると言われています。これをそのまま掛け算すると、なんと年間の失効額は1,000億円分にもなります。

たしかにポイントやマイルなど、気づかないうちに失効させたという経験がある方は多いのではないでしょうか? どうせほっといて消えてしまうぐらいなら、それらを投資にまわしてみるのもいいかもしれません。

2種類の「ポイント投資」、どちらがおトク?

お買い物や携帯電話の支払いなどのポイントを用いたポイント投資には大きく2種類のものがあります。

1つ目はポイントをそのまま投資に回し、ポイントのまま運用結果を受け取るタイプのものです。

これは「ポイントを投資口座に入れると、それを原資にして投資商品に投資され、リターンがまたポイントの形で戻ってくる」というものです。

実際にはポイントを発行する会社が介在して、投資商品の購入・売却を行っているため、金融商品の規制の関係上、裏側は複雑な仕組みになっているのですが、利用者から見たときの見た目としてはわかりやすく、ポイントの数量で増えた、減ったを実感することができます。

ただし、ポイントを発行する会社(発行体)が介在する仕組み上、投資できる対象は限られます。

また、投資できるポイントの上限が制限されていることが多く、そもそもポイントそのものを購入する方法もないことから、まとまった額の投資をすることができません。したがって、リターンがあったとしても必然的に小さなものになります。

もう1つは、ポイントを一度現金にして投資するタイプのものです。

こちらは、「証券口座などを開き、そこにポイントから入金できる」といったタイプのものです。

一度現金にするので、非常に多くの金融商品に投資することができます。ポイント投資に向けて小口で投資できる商品を用意しているサービスもあり、もちろん、現金を追加投入してまとまった額の投資も可能になります。

金融リテラシーを上げるためにはこちらのタイプのほうがより現実的でしょう

「ポイント投資」初心者にはトラノコがオススメ

ポイント投資サービスは、ポイントで戻るものと現金で戻るものの違い以外にも、ファンドに投資するものと株式の個別銘柄に投資するもの、投資先の数が何百種から選択できるものと絞られたものなど、様々です。

ではその中でも、初心者でも分かりやすく、かつ資産形成の効果がある程度期待できるサービスは、と聞かれたら、私はnanacoポイントを利用した「トラノコ」のポイント投資をオススメします。

>>トラノコで「ポイントで投資」に挑戦してみる?

「5円からおつりで本格的な資産運用」を掲げるトラノコ。日々のお買い物で利用するクレジットカードや電子マネーなどをアプリに登録すると、「おつりデータ」が自動で更新され、そのおつりを最低5円からワンクリックで投資に回すことができます。

投資先となるファンドも安定重視の「小トラ」、バランス重視の「中トラ」、リターン重視の「大トラ」の3種類から選ぶようになっており、初心者にとってもわかりやすいものとなっています。また、アンケートに答えたり、ショート動画を見ることでコツコツ投資資金を獲得できる機能など、長期的な資産形成を楽しく続ける機能が満載です。

しかし、今回特に注目したいのは、この「おつり投資」に加えて、元手0円からできるトラノコの「ポイントで投資」機能

これはポイントをアプリ内で現金化し、ファンドに投資できる機能で、2019年11月には新たなにnanacoポイント投資が追加されました。nanacoポイントを1ポイント=1円で投資に回せるサービスは他にないので、これだけでもトラノコを利用する価値は大きいですが、なんとトラノコではnanacoポイントの他にもANAマイル、Gポイント、ネットマイル、ポイントタウン、そしてリアルペイと、様々なポイントが投資できます。

投資できるポイントは今後どんどん拡大する予定だそうです。また、ポイント投資から始める投資初心者には、ある程度わかってきた段階で、より大きなリターンを追求するために、投資資金を現金で追加することも可能です。

>>トラノコで「ポイントで投資」に挑戦してみる?

いま一度お金の勉強を

以上、金融庁の「老後2,000万」レポートについて、そこにまとめられている3つの事実と、レポートを通じて本当に伝えたかったこと、そして、金融リテラシーを上げる方法と、その第一歩としてのポイント投資と、初心者にオススメしたい「トラノコ」を解説してきました。

いざ、身体が動かなくなったり、判断力が鈍ってきたときにそなえて、若いうちから準備をしておくことはとても大切です。

ここでは投資の話を中心にしてきましたが、実は勉強すべきことはそれだけでは有りません。家族や自分に介護が必要になったらどうするのか? どんな施設があるのか? どんな負担があり、親や自分はどんな風に死んでいくのか? そういったことも考えなければなりません。

年金や社会保障の仕組み、大きな経済の流れなどを知ることも重要です。この記事で上げたのは、これからの時代、多くの人が学ぶべき知識のほんの一部分でしか有りません。

しかし、数多いそれら自分の将来に関する学びの中でも、一番身近で、かつすぐにその便利さが実感できるのは、やはりお金の勉強です

年始はその年の目標を見直し、新たなことを始めるのに絶好のタイミングです。これを気に、ぜひ一度お金の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

増澤 陸(ますざわ・りく)
チーフ図解オフィサー。ブロガー・ITコンサル。
京都大学卒業後、リクルートへ入社。モバイルコンテンツおよびウェブサイトの企画・製作に携わり、仕事に必要な画面遷移図を描き続けているうちに何でも図で説明できるようになった。退社後は鎌倉新書等を経て独立。かねてより関心があった経済・経営を中心とした話題をわかりやすく図解したブログ『それ、僕が図解します。』が月間訪問者数20万人超の人気ブログに。宅地建物取引士。相続診断士の資格を持ち、不動産、税金、終活・相続などの分野も得意。『デジタルコンテンツ白書』(2007−2014)の編集委員も務めた。

撮影:岡田康且

提供:TORANOTEC株式会社