2020.01.17
# 医療 # 犯罪

2021年に市場規模3兆円「大麻ビジネス」バブルがやってくる…?

その名も「グリーンラッシュ」
若旦那 プロフィール

カナダの嗜好用大麻合法化は「苦肉の策」?

こうした大麻の副作用やリスクから、嗜好用での大麻の合法化には踏み切っていない国が多いのだろう。それでは嗜好用大麻を認可したカナダはなぜ合法化に踏み切ったのか。

photo by GettyImages

実はカナダでは、そもそも取り締まりが困難なまでに大麻取引が蔓延しており、犯罪組織の収入源になっていた。

そのため合法化によって犯罪組織の収入源を断つのと、大麻関連の税収を増やす狙いがあったと言われている。

 

「大麻は安全で良いものだから合法化された」というよりも「やむを得ず合法化した」という背景を認識する必要がある。

嗜好用大麻と医療用大麻の区別をつけ、正しい認識のものと議論する必要があるのではないだろうか。

関連記事

おすすめの記事