Photo by iStock

深海でも高山でも山火事でも生き残る! 植物が地球を制覇できた理由

植物の頭の良さ、東大生が解明します
みなさんは、何か植物を育てたことはあるでしょうか。小学校でアサガオやホウセンカを育てたことがある、という人も多いかもしれませんね。私たちヒトを含む動物などと違い、自力で移動することはほとんどありませんが、植物もまた、この地球上で栄えることに成功した生き物です。

大人気シリーズ「現役東大生のサイエンス入門」第3回では、植物がどのようにして生き物として成功できたのか、考えてみたいと思います。

植物はどうやって繁栄している?

ほとんどの植物は、「光合成」によって生きています。「光合成」とは、太陽の光をあびて、生きるのに必要なエネルギーをつくりだすことです。

Photo by iStock
拡大画像表示

そのため、たいていの植物は動物と違い、他の生き物を食べなくても生きていけるのです。しかし、光合成でつくられるエネルギーはわずかで、動物のように移動をするには足りません。

 

「この場所は日当たりが悪いから、もっと日の当たるところに行こうかな」、「ここに生えていると食べられてしまうから、もっと安全なところに避難しよう」と、気軽に移動することはできないのです。そこで植物は、移動する以外の手段で栄える方法を見つけだしました。

では、さっそくその方法をみてみましょう。

あえて「悪条件」で暮らす生存戦略

生きていくのにちょうどいい条件がそろっているところは、一方で他の植物との激しい競争の場でもあります。そのため、自分のからだを少し条件が悪いところでも耐えられるように変え、競争を避けて生きる、という方法をとる植物は多いです。

海藻について考えてみましょう。

Photo by iStock
拡大画像表示

海藻の中には、ほとんど光が届かないような深い海に生きるものがあります。浅瀬に生えている海藻をその深さのところまで運んでも、きっと生きていくことはできないでしょう。その違いはいったい何でしょうか。

まず、深い海の海藻と浅瀬に生きる海藻には、見た目ではっきりとわかる違いがあります。それは、色です。