〔PHOTO〕iStock

神戸山口組幹部の「ヒットマン」が突然の逮捕…その恐ろしすぎる深層

事件の謎を解き明かす「爆弾証言」

「組長がヒットマン」という異常事態

神戸山口組の若頭代行で山健組を率いる中田浩司組長が今年8月21日、新神戸駅近くの弘道会施設前で弘道会系組員を銃撃、重傷を与えたとして、兵庫県警は12月3日、殺人未遂容疑で中田組長を逮捕した。

〔PHOTO〕iStock

ニュースに接して、たいていの人は驚いたにちがいない。なぜ山健組の組長ともあろう者が自らヒットマンを買って出たのか。人手がなかったわけではなかろうに、まるきり解せない……。

ふつう暴力団による襲撃は、組長の下の若頭か行動隊長が指揮を執る。組内から襲撃要員を何人か選抜し、ターゲットへの尾行班、襲撃班、見届け班、逃走援護班などに分かれて実行するから、総勢10数人といった大掛かりなケースもある。いくら山健組が貧したとはいえ、組長自ら一人で襲撃に走るのは異常すぎる。

 

子分を信じられない

この謎を解くカギは関西地区の警察OB、T氏が与えてくれた。T氏は現役を離れた今も兵庫県警や大阪府警の捜査情報を把握している。六代目山口組や神戸山口組、任侠山口組などにもパイプを通じていると推察される。T氏の事件解釈と結論は意外すぎる内容だが、中田組長の性格分析を踏まえた精緻なものであり、よく考えれば、これ以上納得できる分析はないと思われる。