Photo by iStock

どうなる「首里城の火災保険」評価額100億円、再建費用は150億円超

どこまで下りるのか?

損保業界でも話題に

「首里城の保険金額は、損保業界内でも話題になっています。保険会社としても、まさかあそこまで燃え広がり、被害が大きくなるとは予想外だったでしょう。業界内では『自分の会社が受け持っていなくてよかった』と話しています」(大手損害保険会社社員)

10月31日の未明に発生した火災により、首里城の正殿、北殿などが焼失した。焼失面積は実に約4200平方メートルに及ぶ。

「県警は監視カメラ等の映像から、外部犯による侵入の可能性は低いと判断しています。電気系設備がショートし、建物に引火したことが原因と見られている」(地元紙記者)

Photo by GettyImages

発生から10日余りが経過した11月11日、本誌記者は首里城の火災現場を訪れた。通常であれば、守礼門を抜けて城壁内に入るのが人気の観覧コースだ。

だが、火災後は中に入ることはできず、城壁内に向かう階段の前には赤い三角コーンと立ち入り禁止の黄色いテープが張られている。風が吹けば、正殿方向から、かすかにススの匂いが漂う。

これまで首里城は国内のみならず、中国、台湾などからの観光客で、平日、休日を問わず、にぎわいをみせていた。だが、この日は人影はまばらで、ひっそりとしていた。

首里城は重要な観光資源であり、沖縄県民の心の拠り所でもある。一刻も早い再建を望む声は多く、玉城デニー知事も、沖縄の日本復帰50周年である'22年5月までに再建計画の策定を国に求めている。だが、ネックになるのは莫大な費用だ。

再建には一体いくらかかるのか。現在の首里城公園の建設は'86年に閣議決定され、'92年に正殿が完成した。

 

今回、正殿、北殿、南殿、黄金御殿などの主要な7棟9施設が被害に遭った。当時の建設費は正殿が約33億円、南殿・北殿など3施設が21億円、黄金御殿など5施設が19億円。計約73億円が費やされている。

その再建費の見込み額は、一部では「150億円超」とも報じられている。首里城の復元に携わってきた、沖縄県琉球赤瓦漆喰施工協同組合の代表理事・田端忠氏が語る。

「前回の修復時に比べて人件費や資材費も高騰しています。いま再建しようとすると、200億円はかかるのではという話も出ています」