撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

白忍者と茶忍者の対決! 雪が積もった林を駆け回るエゾリスたち

北海道から毎日お届け中!

2匹は縄張り争いの真っ最中

雪が積もった林の中で、真っ白なアルビノのエゾリスを見つけました。

冬毛になって、耳の毛も伸びたので、まるで白ウサギのように見えます。

*アルビノというのは、動物学の用語で、先天性にメラニンが欠乏する遺伝子の疾患がある個体です。

 

白いエゾリスと近くにいた通常の茶色のエゾリスを同じフレームの中に収められないものかと、2匹が近寄るのを待ちました。

まるで忍者のように素早く動き、お互いを警戒したり、追いかけっこをしたりするので、なかなか2匹を同時に撮ることができません。

縄張り争いをしているんです。

まるで敵の屋鋪に潜入した忍者とそれを迎え討つ忍者の対決シーンのようなポースの2匹
 

しばらく観察していると、2匹が大木に登り始めました。

大木の両側でお互いの姿が見えず、僕の気配を警戒して動きが止まった瞬間を、撮らせてもらいました。

次の瞬間には、グルグル追いかけっこをしながら、大木の上に駆けあがって行きました。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!

関連記事