撮影/佐藤圭
# 絶景

水平線に広がる幻想の夜景! 日本海に大集結したイカ釣り船の漁り火

北海道から毎日お届け中!

海面を照らし、イカを集める漁船が30隻以上集結

夕陽の名所・留萌市黄金岬から撮影した漁り火の写真です。

漁り火とは、漁船が海面を照らす光のことです。

 

この写真に写っているのは、イカを釣る漁船で、イカが光に集まる習性を利用し、ライトで海面を照らすことによってイカを集め漁をします。

イカ釣り船は、イカの集まる場所を探しながら、漁場を数百キロも転々と移動します。

この日は、30隻以上のイカ釣り漁船が留萌沖に集結していました。

漁師さんたちのがんばりのおかげで、これからの季節、おいしいイカが食べられます
 

水平線にずらっと並ぶ灯りを、事情を知らない人がみたら、何事かと驚くでしょうね。

留萌沖に30隻も集まることはごく稀です。よほど大きなイカの群れがいたようです。

留萌港は大漁でおおいに賑わったことでしょう。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!