2019.12.08
# キャリア

なぜ「分断」と「空気」が、世界のアジェンダなのか

日本企業の喚起が始まった
北野 唯我 プロフィール

分断を生む、東の国

この移民に対する「寛容度」は、所属している集団によって大きく異なります。

たとえば私は今、スタートアップにいるのですが、スタートアップというのはそもそも移民ばかりの国です。

というのも、スタートアップの人たちは、もともと、新大陸を求めて旅に出かけたような、そんな人たち。そもそも自分たちが移民なので、移民に対する寛容度は高くて当然です。

 

一方で、伝統的な日本企業。これは新著『分断を生むエジソン』のなかでは「東の国」と呼んでいるのですが、特に新卒からの生え抜きカルチャーが強い企業というのは、そもそもやはり移民に対する寛容度が低い。同じ釜の飯を食った人たちがたくさんいる中で、新しい人が来ても、すぐに新しいカルチャーを受け入れられないのはある意味当たり前の感覚です。

そこで、見えない壁を作ることになる。これが、転職に対する心理コストが高い、という意味です。

さて、ここまで聞いて、あなたはこう思ったかもしれません。

なにがいいたいんだ、こいつは?と。

そのひとつ目は、分断を生み出しているのは、実は移民への心理的コストである、ということです。

SPONSORED