貧困、病気、格差、差別…骨太の社会派ミステリーで読む「現代の闇」

作家・塩田武士さんのおススメの10冊

どれもおもしろい

今回選んだ10冊はどれを1位にしてもいい、僕にとって大切な小説です。選んでみて、改めて自分は小説に突き動かされてここまできたのだと思いました。

華麗なる一族』は銀行合併という熾烈な権力闘争の中で現れる、男のむき出しの野心を描いています。業界ランク下位の銀行が上位を食うことはあり得ないのですが、山崎さんは綿密な取材を重ねてその可能性を見出し、リアリティのある小説に仕上げました。

Photo by iStock

主人公の阪神銀行頭取、万俵大介の「私」の野心もしっかり描いています。何しろ妻妾同衾ですからね。その泥臭さといったらない。この小説には「公」の幹と「私」の幹があって、物語の展開の中、相乗効果でそれぞれの幹が太くなっていく。その構成が素晴らしい。

 

初めて読んだのは大学生のときですが、新聞記者になって読んだときのほうがぐっときました。作家になって読んだら、もっとぐっときた。どんどん深みに気づいて圧倒され、山崎さんは自分にとって一生越えられない山だと痛感しました。

火車』は、名前や戸籍といった個人のアイデンティティがどれほどあやふやなのかを思い知らされました。読んだ後、隣にいる友人を、「こいつ、もしかして山下じゃないかも?」と怖くなったのを覚えています。

消費者金融やカード破産という際どいものを扱いながら、派手な事件は何一つ起きず、浮ついた人物も登場しない。これほど重心を低くした小説を宮部さんが31歳で書かれたことに驚きますし、人間の白黒つけられないグレーの不気味さを描いているところが深い。

刑事が犯人の肩に手を置いて終わるラストも秀逸です。公式は全てそろっていて、あとは読者がそこに数字を入れれば答えが出るという非常に気持ちのいい終わり方です。

関連記事