〔PHOTO〕gettyimages

なぜ雅子さまは「涙」を流したのか? その意味を読み解く

歴史の凝縮であり、未来を象徴するもの

皇太子妃として歩んだ歴史

11月9日の「国民祭典」、翌日のパレードともに雅子皇后は涙を見せた。この涙をどのように解釈したらよいのだろうか。それは、皇太子妃として歩んできた歴史と関係しているように考えられる。

1993年1月19日、皇太子徳仁親王と小和田雅子さんとの結婚が皇室会議で決定され、6月9日に結婚の儀が行われた。

徳仁親王の結婚は、昭和の時からマスメディアで大きく取りあげられており、その相手候補の具体的な名前も数多く出された。ワイドショーが盛んに報道された時代、テレビカメラは候補とされる女性たちを追い、そのプライベートを報道した。

週刊誌が大きな力を有して皇太子妃選考報道を展開していった明仁親王(平成の天皇)と正田美智子さんの結婚時以上に、徳仁親王の結婚までは人々の興味関心を呼びつつあったと言ってもよいかもしれない。

〔PHOTO〕gettyimages
 

1990年6月29日、弟の文仁親王(秋篠宮)が川嶋紀子さんと先に結婚をしたため、皇太子の結婚相手が決まった時には待望のという思いがあったのだろうか、マスメディアや人々のフィーバーぶりも大きかった。

しかも、ハーバード大学卒業・外務省勤務という雅子さんのキャリアは、1985年に制定された男女雇用機会均等法を体現していると見られた。この法律が社会に定着して女性が積極的に仕事をこなし社会で活躍する、雅子さんは男女雇用機会均等法第一世代の女性のモデルととらえられ、歓迎された。

新しい時代の象徴とも言える女性と皇太子との結婚。それによって、人々の興味関心は頂点に達した。そして、結婚式当日のパレード沿道には多くの人が集まり、そして中継されたテレビの視聴率は高かった。