Photo by iStock

医師がすすめる、40歳でモノ忘れが激しい人は「ガム」を噛みなさい

「脳のゴミ」をためない方法

人と会う機会が増える季節ですね。同窓会で何十年ぶりに会うならまだしも、社内の打ち上げ、ママ友との女子会などで、目の前にいる人の顔は覚えているのに、結構親しいのに、「名前が出てこないで焦った」ことはありませんか。

幅広い年齢で誰にでも起こることですが、40歳くらいからふえている気がする。このころ脳にゴミ(アミロイドベータなど)がたまりだす人も。

若いころは血液や免疫力で押し出していたゴミも、30代前後から脳循環が低下、さらに血管を傷つける生活習慣病も他人ごとではなくなります。

医師の松原英多氏による、今一番売れている脳活性化の新刊、『もの忘れをこれ以上増やしたくない人が読む本 脳のゴミをためない習慣』では、文字どおり、脳の神経細胞を死滅させるゴミがたまる「その前」にやるべき方法を国内外の研究と著者の臨床経験から伝授します。

卑弥呼や篤姫の時代の咀嚼回数

現代は不幸なことに、わが国の歴史始まって以来の、咀嚼回数の少ない時代です。
軟食時代の到来です。

 

神奈川歯科大学元教授の齋藤滋氏が食文化史研究家の永山久夫氏とともに、古代から現代までの食事の咀嚼回数を時代ごとに調べました(『よく噛んで食べる 忘れられた究極の健康法』齋藤滋、生活人新書)。学生たちにそれぞれの時代の食事を食べてもらい測ったのが次の結果です。

【各時代の食事でこんなに違う咀嚼回数】(1食につき)
 卑弥呼の時代(弥生) 3990回
 紫式部の時代(平安) 1366回
 源頼朝の時代(鎌倉) 2654回
 徳川家康の時代(江戸初期) 1465回
 篤姫の時代(江戸後期) 1012回
 戦前(昭和初期) 1420回
 現代 620回

日本史上最も咀嚼回数の少ない現代

こうして並べてみると、現代は咀嚼回数が最低です。でも豊食のおかげで栄養はたっぷり。そして肥満の大増加です。昔の人たちは驚くほどよく噛んでいます。貧しい食事を、時間をかけて、よく噛んで食べていたのでしょう。

弥生時代の主食はコメに加えて雑穀を栽培していた。Photo by iStock

卑弥呼の時代の咀嚼回数は飛び抜けて多い。調査に参加した学生さんたちも卑弥呼食の3990回を、噛んでも噛んでも噛みきれなかったと報告しています。卑弥呼の時代は現代の軟食の正反対で、超硬い食事だったこともわかります。