胸に響いた「長嶋茂雄の言葉」

10月12日。その夜、食事をしながらいつものようにNHKの7時のニュースを見ていた。普段、秀喜は練習などで夕食をとるのが1人遅かったが、この日はたまたま昌雄とさえ子、秀喜の3人が揃っていた。

いくつかのニュースが報じられたあと、長嶋茂雄の巨人軍監督就任記者会見へと話題が移った。いくつかの質問が投げかけられたあと、突然インタヴュアーから、

「星稜高校の松井秀喜選手をどう思われますか」という質問が飛んだ。長嶋は答えた。

「松井君には大変な魅力を感じております。是非指導してみたいと思っています」

「ええーっ」
昌雄もさえ子もいきなりのことに驚きを隠せない。

秀喜も思わず箸を止めて興奮していた。

――なぜ監督就任の会見で自分の名前が……。

この熱い言葉に秀喜は「うーん」と唸るような声を発した。しばらく考え込んだあと秀喜は言った。

「長嶋さんは僕を思ってくれとる」

強烈に秀喜の胸に響いていた。