オリラジ中田敦彦「ワイドショーが『家父長的価値観』に縛られるワケ」

「学び」のための情報収集の心得
中田 敦彦

なんだか、テレビを一方的に悪者のように語ってしまいましたが、僕は、テレビをやり玉に挙げて攻撃したいわけではありません。僕が一番お伝えしたいのは、「どこにも忖度しないメディアなんて存在しない」ということです。

どんなメディアでも「利益をあげる」という目的がある以上、しがらみが生じるのは自然の摂理です。それを頭ごなしに否定するより、受け手側が、冷静に判断する目を持つことのほうがはるかに重要です。

僕は1つのメディアに偏るのは危険だと思います。ワイドショーを見るのなら、少なくとも2つの番組をチェックしたほうがよいでしょう。 さらに、テレビを見るだけでなく、ネットからも情報を得るのが望ましいです。 そうやって大量の情報の中から、バランスよく情報を選び取り、納得のいく真実にたどり着こうとする姿勢が重要です。

 

新聞がネットに負ける理由

次に、新聞についてですが、僕はテレビのワイドショーやニュース番組を観ないだけでなく、新聞も定期購読していません。新聞の情報を軽視しているというよりは、家に大量の紙が届くのが嫌だからです。

新聞を購読していると、あっという間に読み終えた紙が積み上がります。これを定期的に資源ゴミとして捨てる労力を考えると、ちょっとゲンナリします。とても紙の新聞に手を出そうという気になれません。

Photo by iStock

現在、テレビがYouTubeにおされぎみになっている要因は、コンテンツ力というよりも、ユーザインタフェース(ユーザー視点からのデザインを含めた、見やすさ、使いやすさなど)の優劣のほうが大きいと僕は考えています。

テレビニュースの見出しの付け方や新聞記事の組み方と比較して、NewsPicksのほうがはるか にユーザインタフェースに優れています。新聞がネットに負けているのも同様の理由です。

関連記事