Photo by iStock

山口組・高山若頭が剛腕を振るう「抗争指揮」と「組織改革」の全容

力とカネの両輪を固める

次々に打たれる「強硬策」

敵対組織を苛烈に攻め上げる分裂抗争下にある山口組。11月27日には、山口組傘下の元組員が対立する神戸山口組の幹部を自動小銃で銃殺した。同月10日の神戸山口組中核組織・山健組組員射殺に続くものだ。

この間、神戸山口組幹部を狙ったほかの襲撃事件も発生している。山口組再統一を悲願とするナンバー2・高山清司若頭の出所を機に、一気に攻勢に出たとみられている。

 

その一方、山口組内では目まぐるしい人事刷新が行われているという。暴力団捜査に長年携わる捜査関係者が語る。

「和平路線に傾きつつあった山口組では孤立気味とみられていた高山が、実は主導権を握り、強硬策に出ている。

まずは、六代目体制下にある山口組の中核組織たる弘道会の人事。若頭の四代目山本組の中野(寿城)組長を降格し、武闘派を誇る野内組の野内(正博)組長を新たに若頭に就けた。それから、経済力のある小澤組の小澤(達夫)組長を若頭補佐に昇格させた。

Photo by iStock

次に、二次団体の処分。一時期、神戸山口組に移籍する姿勢をみせた極心連合会の橋本(弘文)組長に引退を勧告。引退しない場合は、解散するよう厳命した。

解散後、組員はかつて極心連合会から離脱したのち高山のはからいで直参(二次団体)に昇格した極粋会などに移籍させ、さらに神戸山口組から極心連合会に移籍してきた兼一会については、時機を見て直参に上げるという構想も示していた。また、二代目伊豆組の青山(千尋)組長にも引退を迫っている」