〔photo〕iStock

夫に早く死んでほしい…そんな妻が「貧困」に転落する3つのパターン

高齢単身女性の50%が貧困という現実

夫に早く死んでほしい妻たち

「正直、夫には早く亡くなってほしいんです」――。

家計相談を受けていると、シニア妻からこんな物騒な言葉が飛び出すことがある。

 

家のことや子どものことなど全てを妻にまかせっきり。お金にルーズで多額の借金がある。浮気が止まらない。ずっと前から、暴力やモラハラを受けている等々。

理由はさまざまで、しかも一つではないケースも多いが、年代を問わず、夫に対して、不満や不平を貯めこんでいる妻は多い。

なかには、「ベストなのは、夫が定年退職して退職金をもらった翌日に、交通事故で亡くなってくれることです」など、退職金や死亡保険金が高額になるよう、具体的な時期までひそかに考えている妻もいるくらいだ。

〔photo〕iStock

ただし、運よく(?)、夫が亡くなった後、悠々自適のシングルライフが送れるかどうかは別。想定外の状況になり、生活が困窮してしまうケースもある。

そこで今回は、夫の死後に「遺族貧乏」に陥りがちな妻の3つの事例を挙げてみよう。