# AD special

83歳のおばあちゃんが口紅を塗った瞬間、生き生きとした理由

訪問美容の可能性と大きなやりがい

提供/リクルート

「どない?」

施設のスタッフが部屋をのぞき、イチムラさんに声をかける。

「ようけ切っといてください」

「あはは」

イチムラさんの髪を切っているのは、大坂千夏さん。兵庫県姫路市で訪問美容をおこなう美容師だ。昨年、リクルートグループの美容調査機関であるホットペッパービューティーアカデミーが主催する「訪問美容ゼミ」を受講後、介護施設などを中心に施術を開始。いまでは14の施設でサービスを提供している。

「訪問美容ゼミ」では、美容室に行くことが困難な方にもサービスを届けたい、という思いを持つ美容師を無料で支援。半年以上かけ、現役で活躍する講師陣から訪問美容や介護に関する基礎知識を学ぶことができる。

姫路駅から徒歩3分、サービス付高齢者住宅「オパール姫路別館」が今回の現場である。大坂さんのサロンで訪問美容の営業を担当してきたのは、植田結衣さん。営業未経験ながら、次々とアポや交渉を重ね、2019年9月からここでもサービスを提供することが決まった。

大きな鏡、シャワー台、回転イス……美容室さながらの設備が整っている。最近では、こうした訪問美容専用の部屋を設ける施設が増えている。ここで、半年ほど前に入居したイチムラさんが施術を受けている。

施術というのは、今回の場合はカットとメイクだ。イチムラさんのきれいなグレイヘアを大坂さんが整えるようにカットする。一通り終えると、大坂さんがドライヤーで髪を乾かしながら、「直毛ですね」「サラサラですよ〜」と話している。