Photo by iStock
# 婚活 # 恋愛

銀座No.1ホステスに教わる「本物のお金持ち」のファッション

服には「自己理解度」が表れる
夜は銀座の高級クラブでNo.1ホステス、昼は売れっ子の心理カウンセラー。著書『銀座No.1ホステスが教える男の見極め方』で知られる水希さんによれば、発言、しぐさ、服装、持ち物、お金や時間の使い方で、彼が信頼できる人かどうかを見極められるそう。とくに服装は、男性の「本性」が表れる重要ポイント。どこに注目すればよいのか、水希さんの視点で語ってもらった。

「突飛な服装」に要注意

自己顕示欲が強く、とくに他人とは違うことをアピールしたいというタイプの人は、組織のなかでもかなり突飛な格好をしている場合が多くあります。

Photo by iStock

それだけ違いを見せようとしているのは、「自分が影響力を持ちたいから」という意識が高く、いずれにせよ他人をコントロールする欲が強いので、寄りつかないほうが賢明です。

自分に似合わない派手なファッションを好む人は、自己理解が足りていない、客観性に欠ける人物とも言えます。

仕事をする相手、カリスマ的なリーダーなら問題ないですが、彼氏や夫としてはどうでしょうか?

「相手をコントロールしてやろう」という操作性の高い人か、我が道を行きすぎている人です。

何かを一緒にやっていくとか、協調して考えていくとか、将来、家族として重要な問題について、あなたに寄り添ってはくれません。

 

本当のお金持ちかつ人格者は、上質なものをシンプルにさり気なく身につけています。

夜の銀座ですと、その差は歴然です!

「稼げてます!」「儲かってます!」を、ファッションでひけらかす人は、ブランドがすぐわかるアイテムに身を固め、いかにもというスタイルです。

どんなブランドか一見わからないけれど、それとなく「生地がいいな」「仕立てがいいな」とわかる服をスマートに着こなす方は、品がよく、身のこなしも素敵です。そういう方が経営する会社は安定的で、悪い噂も立ちません。

また私の経験上、一見ブランドのわからない上質なものを身につけている男性は、モラハラを犯す可能性が低いと言えます。