# AD special

心理学者・植木理恵が教える、投資嫌いから脱出する「最強の心理術」

投資を「稼ぐ」から「楽しむ」へ

提供:TORANOTEC株式会社

今年、にわかに世間を賑わせた「老後2000万円問題」。これを契機に、高齢社会となった日本での資産形成のあり方が改めて注目されるようになった。

その一方で、長年言われているのが「日本人は投資に消極的すぎる」という指摘だ。現在、1800兆円におよぶ日本国内の個人金融資産。そのうちの半分以上を現金預金が占めており、逆に株式投資はわずか10%程度しかなく、海外と比べても極めて低い水準だという。

なぜ日本人は、ここまで投資に消極的なのか。そこで、都内の総合病院のカウンセラーおよび慶應義塾大学理工学部非常勤講師を務め、『ホンマでっか!?TV』などテレビ番組でも活躍する心理学者の植木理恵さんに、心理学の観点から人が「投資嫌い」に陥るメカニズム、そしてそれを解決する術を聞いてみた。

投資嫌いになる心理1:期待−価値理論

投資に踏み出せない人が多いのはよく分かります。どこか“特別な人”がするイメージがありますから

日本人が貯蓄を好み、投資を避ける理由としては、欧米など海外と違い、日本ではお金の教育が一切行われていないことがよく挙げられる。資産運用や金融とはどういったものか教わる機会がないため、「金融リテラシー」が圧倒的に乏しい、というのが通説だ。

したがって、投資ができる人=金融や投資の知識を持った“特別な人”というイメージが日本人には定着しているという。

そもそも、人がある行動を起こすか起こさないか、その動機付けについては、心理学における『期待−価値理論』で説明できます。『期待』とは『〜することができそう』という見込みを、『価値』とは『〜するといいことがあるかも』という主体的価値を指します。この2つの足し算ではなく掛け算によって、人は『やるか・やらないか』を決定するのです

アトキンソンという心理学者が提唱した、この「期待−価値理論」。図式で示すと、以下のようになる。

行動の生起=期待(目標達成の見込み)×価値(目標達成の主体的価値)

「期待−価値理論」は、日常生活の様々な事象に当てはまる。植木さんは恋愛に例えてこのように解説してくれた。

あなたは合コンに行くとします。すると、あなたにとってとても魅力的な異性が目の前にいたとしましょう(=価値100)。しかし、その人があなたには目もくれず、全くの無関心だったら(=期待0)、あなたは「この後、2人で飲みに行きませんか」などと誘うようなアプローチはしない(=期待0×価値100行動の生起0)。

また逆に、最初からグイグイ迫ってくるような、完全にあなたに気のある異性がいたとしても(=期待100)、その人がまったく好みでなかったら(=価値0)、やはりアプローチはしません(=期待100×価値0行動の生起0)。

そして、これとまったく同じことが、これまでの投資の世界でも言えるという。

従来の投資に関するサービスは、『期待』と『価値』、その片方しか訴求していないものが大部分だったように思われます。『こんないいことありますよ』とか『こんなメリット、デメリットがありますよ』と『価値』をすごく推してくるわりに、手元にまとまったお金が必要とか、『期待』の部分が足りていない。一方、『明日からすぐ、簡単にあなたでもできます』と『期待』があっても、今度はサービス自体の楽しさという『価値』がなかった

投資嫌いになる心理2:失敗回避、自己関与度

人が投資にチャレンジするか、しないか。その行動の生起は「期待−価値理論」によって説明されるのは前述の通り。だが、それとは別に、人は失敗を恐れ、それを避けようとする心理も働く。日本人が極端に「投資は怖いもの」と思うのはなぜなのか。

人間というものは、大成功よりも失敗回避を選択する傾向にあります。これを心理学では『成功回避欲求』と呼んでいます。とりわけ日本人は、海外と比べて安全・現状維持志向が強く、この『成功回避欲求』が高いと言われています

この「成功回避欲求」は、性別で見ると男性より女性のほうが、年齢で見ると歳を重ねた人のほうが、特に陥りやすい心理だという。できるだけ失敗したくないがために、成功もしたくない。にわかに信じがたいが、こういった心理が、投資を避ける要因になっているのだ。

また、金融リテラシーが低いために、貯金や買い物に比べて、投資の『自己関与度』が感じづらいのも日本人ならではのことだと思います。例えば、『自分で並んで買った宝くじ』と『他人に買ってもらった宝くじ』、どちらがより当たりやすいと感じるでしょうか? おそらく前者の人が大半だと思います。これは、自分が関与したものはいい、という『自己関与度』から来る心理なのです

普段から経済の動向を調べているような人は、金融の「自己関与度」が高いため、自ずと投資へのハードルは低くなる。一方、知識がまったくない人は、金融への「自己関与度」が低いために、<投資=他人にお金を預ける=怖い>といった心理に陥りやすいことになる。

知らないもの、ということは怖いもの。人はよく知らない物に接するとき、「ヒューリスティクス(わざわざ時間をかけて確実に調べることはせず、自身の経験則などに基づき、ある程度のレベルで正解に近いものを見つける方法)」で、ざっくりとした解決を試みる。投資がギャンブルと勘違いされやすいのも、ざっくり「怖い」という引き出しに入れられてしまうから、というわけだ。

投資嫌いになる心理3:遠隔目標、近接目標

投資が初心者にとって難しいと言われる理由の一つに、「長続きしない」ことがある。せっかく投資を始めてみたものの、期待とは裏腹になかなか利益が出ない状況に陥り、「やっぱり投資で儲けるのは難しい」と断念してしまう人は少なくない。

たとえば受験勉強や就職活動、資格試験を考えてほしい。いずれも受ける学校の受験日、会社の面接日、受験日は事前に決まっていて、そこに向けてスケジュールを立て、継続的に勉強するのが普通だ。

しかし、これが投資には当てはまらない。ゴール地点がない、あるいはあまりにも先のことなので長続きしない。なぜなら投資の目標の設定が「遠隔目標」になってしまっているからだ。

マラソンランナーの人から『最初からゴールまでの42.195kmを走りきろうと思っていたら、走りきれない』といった話を聞きます。ではどうするかというと、5km刻みでゴール地点を設定し、それを目指して走るのです。

人は、長いスパンの『遠隔目標』よりも、短いスパンの『近接目標』のほうが実現しやすく、またやりがいを感じることが心理学でわかっています。資産形成のための投資は、人生という長い時間で行われるものだからこそ、投資の上手い人は、1ヵ月、1年といった形で、時間を細かく分けて『近接目標』をつくるのが上手いというわけです

10年先、20年先の老後の備えとして自分なりの資産形成をしようと考えるのは、「遠隔目標」である。もちろんこれも重要だが、それで満足してはいけない。「遠隔目標」が”絵に描いた餅”にならないよう、より具体的な「近接目標」を設定することが重要なのだ。こうすれば、投資でなかなか利益がでなくても、焦らず冷静に自分の状況を見直すことができる。

投資嫌いになる心理4:BECOME目標、BEING目標

私は、今の投資に人が集まらない理由として、一種のファッション性が不足しているからだと思っています。遠隔目標だけでなく近接目標が大事であるように、『〜になりたい』という『BECOME(ビカム)目標』に加えて、『〜でありたい』という『BEING(ビーイング)目標』が投資では大事です。そして、この後者にはファッション性が求められるのです

投資にファッション性が求められるとはどういう意味なのか。植木さんいわく、「ダイエット」の例が参考になるという。

テレビで特集が組まれたり、書店には多くの関連書籍が並ぶダイエット。今でこそ、自らダイエットを公言したり、SNSで発信している人は珍しくない。本来的には人前で言うのが憚られる要素を持つダイエットがここまで変化したのは、ダイエット=健康に気を遣う、オシャレなもの、という環境ができたからだ。

「5キロ痩せたい」と考える女性が、もし誰にも言うことなく一人で黙々と運動をしても、なかなか痩せづらい傾向にある一方、「5キロ痩せて、こんなオシャレがしたい」と周囲に公言した上で運動したほうが痩せやすい傾向にある。

これを投資に当てはめれば、暗がりの部屋で何台ものパソコンを見つめながら、一人黙々と行うもの、というイメージがいまだ強いために「投資嫌い」の人が多くなっているというわけだ。もし、投資にファッション性が生まれ、オシャレな人もしている、となったら「投資嫌い」の人は今よりも少なくなるだろう。

そもそも、一人ぼっちでは目標に遠ざかりやすい。周囲の人もやっている、という環境が目標を作るうえで大事なんです。心理学ではこれを『モデリング』と呼び、他のやっている人を見ることがモチベーションにつながるというわけなんです

心理学的に「トラノコ」が優れているワケ

ここまで、人はなぜ「投資嫌い」に陥るのか、その心理学的理由について説明してきた。ただ、これらを一から実践して、投資を始めるのはやはり難しいかもしれない。

そんな中、植木さんが、「1ヵ月使ってみたら、思わずハマっちゃいました。これなら心理学的も投資にうってつけです」と思わず口にしたのが、サービス開始2年にして大ヒット中のおつり投資アプリ「トラノコ」だ。

トラノコは、日々のお買い物から簡単に投資・資産形成が行えるアプリ。普段利用しているクレジットカードや電子マネー、ECサイトのアカウントをアプリに登録すると、買い物のたびに買い物データがアプリに表示され、そのおつり相当額が投資金額として積み上げられていく仕組み。5円から1円刻みで超少額からの投資が可能だ。

トラノコには、『期待-価値理論』の『期待』と『価値』との両方が備わっているのがいいですね。5円から投資が、しかもアプリで簡単にできるので、『できそう』という期待があり、おつりが投資金額になるという『楽しそう』という価値もある。やりやすくって、面白いというのがトラノコに初めて触った感想です

トラノコでは、月々のおつりの投資先を、「小トラ」(安定重視で運用)、「中トラ」(中間的なリスクで運用)、「大トラ」(リターン重視で運用)のリスク許容度の違う3つのファンドから選ぶことができる。いずれも世界中の株式、債券、REIT等を組み合わせることでリスクの分散を図っている。

また、これ以外にもアプリ内のアンケートに答えることで投資資金をコツコツ貯められる「トラノコアンケート」や、ショート動画の視聴で資金を貯める「トラノコ動画」、また、おつりに加えて、好きな金額を投資額に追加可能な「ワンショット投資」といった資産形成を支える多様なサービスも揃っている。

ファンドを選択できたり、自分で投資額を好きなタイミングで増やしたりできるのは投資への『自己関与度』を高めることができて、面白い仕組みですね。もちろん、おつり投資なので、『他人ではなく、自分がお金を動かしている』という気持ちが生まれやすいでしょう

>>「おつり投資」に挑戦してみる?

うれしい仕組みはこれだけではない。国内アクティブファンドの運用額に対する平均運用報酬は1.18%/年(出所:投資信託協会、2018年12月時点)なのに対し、トラノコはわずか0.30%/年。そのため、トラノコには月額利用料300円がかかるが(当初3ヵ月は無料)、投資金額が大きくなるほど相対的にコストがどんどん安くなっていく。長い期間コツコツ資産形成をする人にとってメリットの多い料金体系だ。

また、長期の資産形成の見通しが立てやすいよう、アプリ内には自動で10年後までの資産形成を予測してくれる「シミュレーション」も可能だ。

運用コストがどんどん低くなることは、『遠隔目標』にとって非常にありがたいですし、資産形成の見通しを自動で予測してくれるので、細かな『近接目標』にも役立ちますね

さらに、トラノコではおつりだけなく、お買い物やクレジットカード決済等で貯まるポイントを投資することも可能。今まで対象になっていた、Gポイント、ネットマイル、ポイントタウン、リアルペイのポイントとANAのマイルに加え、今年11月14日には、nanacoポイントでも投資ができるようになった。投資できるポイントは今後どんどん拡大する予定だという。

クーポンやシールを集める楽しさが、子供の頃からある普遍的性質であるように、ポイントを貯めるのは楽しいですよね。それにおカネよりイヤらしさを感じにくい。ポイントなら周りの人も集めているし、それをスマホを使って投資に活用できるのは、非常にファッショナブルに思います。トラノコなら、投資を『BECOME目標』から『BEING目標』に変えることができるでしょう

>>「おつり投資」に挑戦してみる?

何事においても、勝ち組、負け組、という分け方が嫌いだと語る植木さん。投資の世界もつい、より多くのおカネも稼げるかどうか、といった点ばかりが関心を集めるが、本当に重要なのは、投資の「楽しさ」に気付くことだという。

人は経済学でいうほど合理的な生き物ではありません。ロボットじゃありませんから。だからこそ投資をすることによって、『楽しんだもん勝ち』という意識が必要だと思います。トラノコは、そんな気持ちを満たせる、これまでにない要素が揃っています。自分には何が大事で、何におカネを使って、どう生きていきたいか。それを日本人が今よりもっと考えられるように意識が変わるといいですよね

取材・文/マネー現代編集部 撮影/岡田康且

提供:TORANOTEC