楽しく、美味しいお弁当作りを目指すべく、おかずレシピに加え、調理のコツや時短テクニックなどをご紹介している、お弁当マスター・大橋日登美さんの連載「おべんたふるらいふ」。

最終回となる今回は、作り置きを活用した月曜~金曜のお弁当と夜ごはんの1週間メニューの実例&レシピをご紹介します。この1週間メニューを実践すれば、週末の作り置きが忙しい平日をラクに乗り切るための救世主だと実感するはず。ぜひ参考にしてみてください。

現在、プレゼントが当たるInstagram投稿キャンペーンを実施中(2020年1月8日締切)。投稿規定などの詳細は最終ページからご覧ください。

おべんたふるらいふ」今までの記事はコチラ

昼は詰めるだけ、夜はちょいアレンジ
作り置きがあれば忙しい平日も楽々!

「おべんたふるらいふ」の1週間モデルメニューです。
週末の作り置きを活用し、お弁当と夜ご飯を作ってみましょう(以下、レシピはすべて2人分です)。あくまで参考例ですので、もちろん、品数を減らしたり、アレンジなしでサブおかずを並べてもOK。作り置きができたら、次は「毎日ご飯を作ること」を目標にしましょう。

以下のレシピ以外のおかずは、前回の記事で作り方をご紹介した作り置きおかずです。 作り方はこちらから▶

 月曜日のお弁当 

鯖の七味焼き弁当/さつま芋とクランベリーのサラダ/きのこのオイスター醤油炒め/キドニービーンズの甘煮/プチトマト/にんじん明太入りだし巻き卵/塩ゆでブロッコリー/紫キャベツのレモンマリネ

この月曜のお弁当の場合、当日の朝に作るのは以下の2点。そのほかは、週末に作った作り置きを詰めただけ。もし慌ただしかったら、作るのはメインのみにし、だし巻き卵をカットしましょう。それでも充分、彩り豊かなお弁当になります。

【鯖の七味焼き】

<材料>
さば………………2切れ
塩…………………適量
七味唐辛子………適量
油…………………適量
<作り方>
【1】さばはキッチンペーパーで両面の水けをしっかりと拭き取る。
【2】【1】の両面に塩と七味唐辛子を振りかける(やや多めにしっかりと。七味唐辛子は焼くと辛みが飛んで風味だけが残る)。
【3】魚焼きトレイに【2】を載せて魚の表面に油を垂らし、魚焼きグリルの弱火で12~15分焼く(キッチンタイマーを7分にセットし、一度開けて焼け具合を確認し、残りの焼き時間を調整する。途中でひっくり返す必要なし)。※魚焼きグリルや魚焼きトレイがない場合は、フライパンの弱火で両面を焼く。

【にんじん明太入りだし巻き卵】

<材料>
卵(Mサイズ)………………………2個
白だし…………………………………大さじ1/2
酒………………………………………大さじ1
水………………………………………大さじ2
にんじんのバター辛子明太子炒め…大さじ1
作り方はこちら▶
油………………………………………適量
<作り方>
【1】ボウルに卵を割りほぐし、白だし、酒、水を加えて白身を切るようによく混ぜる。
【2】【1】にみじん切りにしたにんじんのバター明太子炒めを加え、卵焼き器に油を引いて中火にかけ、充分熱くなったら弱火にして卵液を少量注ぎ、卵焼き器を動かして全体に薄くのばす。
【3】フライ返しと菜箸で奥から手前に卵液をくるくると巻き、卵焼きの芯を作る。
【4】卵液を注ぎ、芯を箸で持ちあげるようにして、芯の下にも卵液が入るようにしながら全体に薄くのばし、芯を手前から奥へくるくると巻いていく。
【5】卵液がくっつきやすくなったら油を少し足し、卵液を注いで奥から手前へ、手前から奥へ、と同様に焼き重ねていく。最後の一巻きはごく弱火で丁寧に焼く。
【6】焼きあがったら熱いうちに鬼すだれに巻いて輪ゴムで留め、立てて冷ます。

2品ができあがったら、あとは作り置きおかずといっしょに詰めるだけです。
詰めるときのポイントは、魚の大きさに合わせてご飯を段差にして盛りつけること。魚のような高さのないメインおかずは、ご飯を下支えにすると見栄えがよくなります。ご飯に載せる前には下敷きに青じそをプラスすると色味がきれいになります。

また、数多いおかずを入れるときは、盛り付け箸をおかずとおかずの間に差し込んで、ギュッと寄せるようにしながら、おかずカップに入れたサブおかずを入れていきます。こうすると、多少揺らして持ち運んでもおかずが偏ったりしません。

 月曜日の夜ご飯 

ひじき混ぜご飯/かじきまぐろのしょうがソテー/大根とわかめの味噌汁/ブロッコリーのなめ茸和え/キドニービーンズの甘煮/コーン入りポテサラのアボカドグラタン

夜ご飯は何点かアレンジメニューを加えています。帰宅後、疲れていてアレンジがしんどい場合は、メインのかじきまぐろだけ作り、あとは作り置きおかずを並べるだけでOK。

【ひじき混ぜご飯】

<材料>
ごはん……………300g
ひじきの煮物……160g
作り方はこちら▶
<作り方>
ごはんにひじきの煮物を混ぜる。

【かじきまぐろのしょうがソテー】

<材料>
かじきまぐろ………………2切れ
塩こしょう…………………少々
小麦粉………………………適量
酒……………………………大さじ2
(☆合わせておく)
☆醤油………………………大さじ1.5
☆しょうがのすりおろし…1/2片分
☆ポン酢醤油………………大さじ1/2
☆砂糖………………………小さじ1
油……………………………適量
<作り方>
【1】かじきまぐろは水けをキッチンペーパーで拭き取り、両面に塩こしょうをし、小麦粉をはたく。
【2】フライパンに油を引き、【1】を入れて両面にこんがりと焼き色をつける。
【3】【2】に酒を加えて蓋をし、弱火で2~3分ほど蒸し焼きにする。
【4】【3】に☆を加えてかじきまぐろにからめ、皿にソースごと盛りつける。

【大根とわかめの味噌汁】

<材料>
大根…………………180g
乾燥わかめ…………ひとつかみ
だし汁………………360ml
味噌…………………大さじ2
<作り方>
【1】大根は千切りにし、小鍋に入れてだし汁を加え、中火にかける。
【2】【1】に火が通ったら乾燥わかめを加え、味噌を溶き入れる。

【コーン入りポテサラのアボカドグラタン】

<材料>
アボカド……………………………………1個
コーン入りマスタードポテトサラダ……60g
作り方はこちら▶
シュレッドチーズ…………………………10g
塩こしょう 適量
<作り方>
【1】 アボカドは二つ割りにして種を除き、塩少々を表面に振る。
【2】 【1】のアボカドの窪んだ部分にポテトサラダをこんもりと詰め、上にシュレッドチーズを載せて、オーブントースターで5分焼く。
【3】 【2】の上にこしょうと塩少々を振る。

【塩ゆでブロッコリーのなめ茸和え】

<材料>
塩ゆでにしたブロッコリー…6房
なめ茸…………………………少々
<作り方>
ブロッコリーをなめ茸で和える。