閉経後も使える月経カップ

バルドゥッチ淳子さんをはじめ、私の周辺で月経カップを使用している人たちは、みな一様に月経カップを「すばらしい」と言う。

これほど評判のよい月経カップをなぜ私が使ったことがないかと言うと、その存在を知ったときすでに40歳近くになっており、「今から買っても、元が取れないかもしれない……」と思ったからである。

さらに、その後しばらくして、布ナプキンのエキスパートの女性が、月経カップの実物を見せてくれたのだが、思っていたよりもサイズが大きかったので、「無理」と思ってしまったのだ。

-AD-

月経カップを見て、同様の反応をする女性は少なくない。カップの縁にあたる部分の直径は4センチもあり、タンポンのレギュラーサイズ約3本分の太さだ。

私はあとから、「なーんだ、折りたたんで入れるのか」と知ったが、そうとは知らず、サイズだけで「食わず嫌い」をしている女性もいるかもしれない。

ところで、私は閉経したら月経カップは必要ないと考えていたので、「元が取れない」と思ったのだが、淳子さんによれば、「いつ生理がくるかわからない更年期こそ、カップが便利なんですよ。カップは、ライナーの代わりにもなります」とのこと。

下着が汚れるという理由で、1年中ライナーをつけている女性もいるが、月経カップにすれば頻繁にライナーを購入する必要はない。また、いつもカップをつけていれば、突然生理が始まっても慌てなくて済む。