2019.12.05
# 自動車 # EV # ポルシェ

ポルシェ・タイカン登場は、2020年「高級EV戦争」の号砲だ

テスラ独占の図式がついに変わる
北沢 剛司 プロフィール

理想的な「重量バランス」を実現

しかし、電気自動車のメリットもある。それはスポーツカーとしては理想的な「重量バランス」である。

運動性能の向上には、重量物が車体中央に寄っていて、さらに低重心であることが望ましい。ポルシェでは4ドアサルーンの「パナメーラ」とSUVの「カイエン」にプラグインハイブリッドモデルを用意しているが、それらはフロントにエンジンと電気モーター、リアの後車軸の上に重いリチウムイオンバッテリーを搭載するため、重量物が前後に分散した状態にある。

Photo by gettyimages

一方、「タイカン」では一番の重量物であるバッテリーを車体中央の床下に配置し、前後の電気モーターも低い位置に搭載しているため、車両の重心を極めて低くできる。バッテリー搭載による絶対的な車重の重さはあるものの、ポルシェにふさわしい操縦性の高さと世界トップレベルの圧倒的な加速感により、新時代のドライビングプレジャーが体験できる。

もうひとつの技術的トピックは、市販車では世界初となる800Vのシステム電圧を採用していることだ。これにより、高出力の急速充電器を使った場合は、充電を短時間で完了することが可能だ。

 

しかし、現在日本で普及しているCHAdeMO規格の急速充電器は最大でも50kWに留まっているため、270kWに対応した車両側の高速充電性能を活かせない状況にある。そこでポルシェジャパンでは、スイスのABB社と提携し、国内ではもっともパワフルな150kWの急速充電を可能とする次世代CHAdeMOの急速充電器を開発。全国のポルシェの販売店と首都圏などの公共施設に設置する予定だ。

30分以内に車載バッテリーの80%充電を可能にする高速充電のインフラが整えば、先行するテスラと同様に高速充電ネットワークがキラーコンテンツになり得る。

SPONSORED