〔PHOTO〕iStock

ドラッグ、マルチ商法を経験した異形の作家が〈地面師〉を描くまで

『地面師たち』著者・新庄耕インタビュー

新庄耕さんの長編小説『地面師たち』が発売されました。主人公は不動産売買を専門とする詐欺師「地面師」で、2017年の積水ハウス事件をモチーフとした小説です。組織的犯罪の圧倒的リアリティが話題を呼んでいます。

著者の新庄耕さんは、ブラック企業の不動産営業マンを描いたデビュー作『狭小邸宅』以降、マルチ商法についての『ニューカルマ』、大麻の売人の破滅を書いた『サーラレーオ』など、現代社会の「闇」を書き続けています。その作風の根幹にあるものを、新庄さんの来歴含め聞きました。

 

全宅ツイの強力なサポート

――新作『地面師たち』は、2017年に起きた積水ハウス事件で話題になり、現在も世間を騒がせる〈地面師〉を題材にした作品です。執筆にあたりどのような取材や準備をされたのですか?

地面師と取引をした人はもちろん、不動産関係者や、印刷会社、司法書士など、様々な方に取材をしました。また、過去の地面師事件の膨大な裁判資料を読み込んだりもしましたね。

新庄氏

とりわけ印象的だったのは、「全宅ツイ」のみなさんにご相談に乗ってもらったこと。「全宅ツイ」は、宅建業に従事するツイッターユーザーの方たちで構成されているクラスタで、ちょうどこの時期に盛り上がる「クソ物件オブザイヤー」の運営もされていますよね。みなさん不動産のプロフェッショナルです。

執筆前に、全宅ツイのグル氏、かずお君氏、哲戸次郎氏という御三方に、本作の架空の地面師詐欺のプランを相談したんです。この土地を地面師が狙う可能性はありますかとか、ここのエリアにこれくらいの広さだと何十億円くらいですかとか、具体的なアドバイスをたくさんもらいました。新宿の高級中華の個室で密談したんですが、店員さんには実際の詐欺の計画だと思われたかもしれない(笑)。