画像:イオン株式会社
# イオン # ビール

イオンの78円ビール「バーリアル」、ここへきてバカ売れの理由

この安さで侮れない美味さ

累計20億本を突破

リニューアルしたこの「ビール」を、もう飲まれただろうか?

イオンのプライベートブランド「バーリアル」シリーズ。レギュラー商品の「バーリアル」と、「バーリアルリッチテイスト」「バーリアル糖質50%オフ」の3つのシリーズ展開がされている。いわゆる第4のビール(麦芽比率25%以下のビールに、大麦スピリッツなどを加えたもの)と呼ばれる種類の発泡酒だ。

先月24日にはシリーズの全銘柄のリニューアルを発表し、29日(火)より全国のグループ最大約4000店舗にて発売を始めている。

これらが350ml缶で、78円(税抜)で購入できるというから驚きだ。他社の同様の発泡酒製品を見ても100円を超える商品が多い中、規格外の価格といえよう。

では、味もそれなりなのかというと、これが美味しい。実はバカ売れしているのだ。
発売された2010年6月当初から売れ行きは好調で、19年5月には累計20億本を突破。今後もさらに販売本数を伸ばしていくに違いない。

 

なぜ、「バーリアル」はこんなにも売り上げを伸ばしてのか? バズっている理由は、度重なるリニューアルによる「品質の向上」と、いい意味でそれに見合わない「低価格」にある。