髙橋洋一「私をファシスト、レイシストと呼ぶ議員にお伝えしたいこと」

イデオロギー先行ではなく…
髙橋 洋一 プロフィール

これを制度化したものが、建設国債である。建設国債は、現状の制度では物的資産が見合いになるものに限定されているが、理屈上は無形資産でもいい。

例えば、研究開発や教育は将来投資の典型なので、国債を財源とするのが政策課題である。なお、現下のマイナス金利からみれば、投資が正当化できる対象はたくさんあるので、かなりの程度建設国債の発行が可能となるとも指摘した。

 

年金もバランスシートで分析できる

講演では、その他の参加者からも「国債はどこまで発行可能で、日銀がどこまで購入できるのか」という有意義な質問があった。これはとてもいい質問だ。

統合政府のバランスシートをみると、見合いの資産がある程度あれば、破綻はしない。この意味では、赤字国債が簿外の徴税権を超えなければ大丈夫というのが一つの目安となる。また、中央銀行の買入は、先ほど述べたように負債が国債と中央銀行券とに分けられるのがポイントだ。このバランスによって長期的なインフレ率が決まり、中央銀行券の比率が高まるほどインフレ率は高くなる。この意味では、インフレ目標が中央銀行の買入の歯止めになる。

また他の方からは、「年金支給の充実のために国債発行はできるか」と聞かれた。年金も、バランスシートで分析できる。