〔PHOTO〕iStock

共通テスト「国語の記述式」が実施された時に起きる、ヤバすぎる事態

SNSは地獄と化す

実践的不安

英語につづき、いよいよ国語の新テストも怪しくなってきた。

「センター試験」に代わって二〇二〇年度から実施される「大学入学共通テスト」(以下「共通テスト」)の国語の抱える内容に関する本質的な諸問題については「国語の大学入試問題が、来年からトンデモないことになる予感」の記事をご参照いただきたいが、にわかに動き出したのは、形式面に対する批判である。

〔PHOTO〕iStock

「共通テスト」では、あらたに記述式問題が出題されることになっているが、文科省がこれを「2段階選抜」の判断材料から除外するよう、国公立大に要請するかもしれないというのである。

 

わかりにくいが、国公立は今でも志願者数が多い時には、「センター試験」の結果により、二次試験を受けさせない、つまり「足切り」を行っている。これが「2段階選抜」で、今回の要請は、記述式問題の部分だけは足切りに使うな、ということを意味する。

これは受験生を思いやったようでいて、なんとも中途半端な処置で、結果的に大混乱を巻き起こすことになる。「足切りには使わない」、つまり二次試験を受けさせるかどうかの判断材料には使わないとしても、最終的に一次と二次を併せて合否を判断するときには使うというのだろうが、それで受験生が救われるのか。記述式問題の欠陥を認めながら、合否に用いるというのはどういうことか。

このまま記述式問題を推し進めるとしても、大きな二つの危険が残っている。受験生たち自身がもたらす危険である。