# 韓国

韓国経済いよいよ崖っぷち、国民はついに「我慢の限界」を迎えた

格差拡大に若者は憤る
真壁 昭夫 プロフィール

既得権益層に富が集中しやすい状況が続くと、格差は拡大し、それが固定化される恐れがある。

その結果、「努力しても無駄」、「選択肢が奪われている」というように、将来をあきらめたり、不満を募らせたりする人が増えやすい。

 

それは、社会全体の利害を調整し、国が向かうべき方向を示すという政治の機能を低下させる一因になり得る。

日常生活が次第に苦しくなっていることなどを受けて、今後も、文政権に抜本的な経済対策を求める人は増えていくだろう。

一方、文大統領はそうした要請に耳を傾けるよりも、むしろ一貫して“南北統一”にこだわり続けることだろう。

文氏の政策スタンスで韓国が経済を立て直し、社会の安定を目指すことができるか否かはかなり不透明といわざるを得ない