「セクシーな下着」が売れなくなっている

あなたは最近セクシーな下着を身に付けたことがあるだろうか。セクシーどころかブラトップばかりで、そもそもちゃんとしたブラジャーすらご無沙汰ではないだろうか。そんな女子のライフスタイルを反映してか、近年はセクシーな下着の売れ行きが思わしくないという。それは日本だけでなく、世界的な傾向であるらしい。

華やかでセクシーな下着の代名詞だったヴィクトリアズ・シークレットが2017年1月をピークに勢いを失い、販売不振に喘いでいる。一方で、アメリカン・イーグルというカジュアルブランドが手掛ける下着ライン「エアリ」は逆に売上げを伸ばしているというのだ。

〔PHOTO〕アメリカン・イーグル公式サイトより

ヘルシー&ナチュラルをコンセプトとするこのブランドは、下着もシンプルで飾り気のないものが中心だ。タンガ(Tバック)やガーターベルトなど過剰なセクシーさを強調するアイテムは皆無である。通販サイトで「エアリ」の下着を身に付けるモデルたちは、セクシーなポーズを取ることなく、ライフスタイルに溶け込むように自然な笑顔を見せている。セクシーからヘルシー&ナチュラルへ米国女性たちの嗜好もここ数年で大きく変化している。

日本では、2000年代半ばに10代、20代の若い女性を中心に爆発的な人気となったピーチ・ジョンが苦戦している。ピーチ・ジョンと言えば「ボムバストブラ」など強力なパッドで谷間をくっきりつくるブラジャーや、レースにフリル、リボンなどをふんだんに使ったセクシー&ガーリーな下着で一世を風靡したが、そのピーチ・ジョンですら、ブラトップに代表されるヘルシー&ナチュラルな趨勢には勝てなかったのだろう(「ボムバストブラ」は現在販売されていない)。