JALカードを持っている人はみんなやっている「おトクに航空券をゲットする方法」

年会費を払っても元はとれる

提供:クレジットカードプラス

ポイント還元の高さを謳うクレジットカードや決済サービスが増えつつあるが、実は貯まったポイントを航空券と交換できるクレジットカードはそう多くない。その数少ない貴重なクレジットカードがJALカードだ。

JAL便の利用以外にも、買い物利用でマイルがザクザクと貯まるため、普段通り生活しているだけで、北海道や沖縄、シンガポールやニューヨークにも行ける航空券がいつの間にかゲットできてしまう。特に、旅行好きや出張の多いビジネスマンにとっては見逃せないカードだ。今回はそんなJALカードを、具体的なマイルの貯まり方も示しつつ、特徴ごとに4種類紹介していこう。

飛行機利用と買い物で超おトクな「普通カード」

JALカードは大きく分けて2つのマイルの貯め方がある。買い物時にJALカードを使うことで獲得できるショッピングマイルと、JAL便を利用することで獲得できるフライトマイルだ。名こそ違うが同じマイルとして貯まっていくので安心してほしい。

4種類のJALカードのなかでも一番スタンダードなのが普通カード。マイルが貯まるのはJAL便を利用した時だけではない。普段の買い物でもJALカードで支払えば、200円あたり1マイルが還元される仕組みだ。

>>「普通カード」のマイル還元率はこちら<<

200円あたり1マイルだからと侮ってはいけない。普段の生活だけでも十分にマイル交換特典を受けられ、さらにマイル還元率をあげるための方法すら存在している。

自分の1ヶ月あたりの支出を改めて確認してみると、食費、光熱費、交通費、交際費などで簡単に10万円を超えていることが分かるだろう。もし月に10万円のクレジット利用があれば毎月500マイル、1年間であっという間に6000マイルが貯まる計算である。

実は、東京-大阪間の片道航空券を6000マイルで交換できるのをご存知だろうか。JALカードを手に入れれば、普段通りの買い物をしているだけで航空券をお得にゲットできてしまうというわけだ。

ちなみに「ショッピングマイル・プレミアム」の年会費3,300円(税込)を支払えば還元率は2倍になり、100円の支払いにつき1マイルの還元を受けることができる。さきほどと同様に月10万円のクレジット利用であれば1年間で12,000マイル貯まり、今度は東京-大阪間の往復航空券と交換できてしまう。

>>今なら最大1850マイルがもらえる!<<

たとえ年会費を払ったとしても還元率2倍の恩恵で元はすぐに取れるはずだ。

しかも、日本全国におよそ54,000店舗あるJALカード特約店で買い物をすれば、マイル数はさらに2倍となる。ショッピングマイル・プレミアムと特約店を併用すれば、合計で4倍のマイルが貯められることに。これだけの還元率は通常のクレジットカードでも多くはない。イオン、マツモトキヨシ、エネオス、ファミリーマート、紀伊國屋書店など、JALカード特約店の対象が馴染みのある店ばかりなのも嬉しいところ。

JAL便の利用時は獲得できるマイル数も大盤振る舞いだ。通常のフライトマイルが貯まるだけでなく、搭乗ごとにボーナスとしてフライトマイルが10%上乗せされ、入会後初めての搭乗に限っては入会搭乗ボーナスが1,000マイルもらえる。

しかも、入会搭乗ボーナスは実質的に毎年もらえる。というのも、入会搭乗ボーナスはマイル獲得の初年度のみの適応だが、翌年以降は毎年最初の搭乗ごとに同じく1,000マイルを獲得できるからだ。「普通」という名前からは想像できないほどの充実ぶりではないか。

うまく利用すれば、国内航空券との交換に必要なマイルはあっという間に貯まってしまう。JAL便で東京から福岡へ行くケースを想定してみよう。

・東京から福岡までのフライトマイルが567マイル(普通席)
・10%の上乗せボーナスが57マイル
・入会搭乗ボーナスが1,000マイル

合計:2,248マイル

往復の前提で考えると最終的には2248マイルをゲット。さらに普段の買い物の支払いで獲得した13,000マイルを追加すれば、合計は15,000マイルを超える。国内路線であれば、一部の区間を除いて、どの区間の往復航空券とも交換できてしまうマイル数だ。北海道や沖縄を含む、ほぼ全ての空港に行くことができるので、旅行の幅もグッと広がるはずだ。

年会費2,200円(税込)は最初の1年間は無料なのでメリットしかない。飛行機を一度でも利用すう機会がある場合、迷う理由はどこにもないだろう。

>>「普通カード」のお申し込みはこちら<<