キャッシュレス決済、じつは「むしろ損する人」が急増していた…!

ポイント中毒になった人の末路
横山 光昭 プロフィール

「使い過ぎ」てしまわないため

決済方法は相変わらずいろいろ利用していますが、支出のコントロールができるようになったことで、貯金ができるまでになりました。一時的にお得な還元制度に目がいってしまい、使い方を誤ってしまいましたが、今までと同じような使い方を維持できれば、極端な使い過ぎにはなりません。

今回の消費増税による「キャッシュレス・消費者還元事業」では、キャッシュレス決済に不慣れな人も使い始めようと取り組まれることでしょう。どうやって利用できるまでにもっていくかがわからないとか、そもそも仕組みがわからないという人も多いようですが、使い始めるとSさんのように、ポイント還元の魅力によりお金の使い方が惑わされてしまうかもしれません。

 

ポイント還元は魅力的ですし、お得さも感じるものですが、「使いすぎ」となってしまっては、増税の負担すらカバーできません。

高還元率の恩恵を受けることばかりに目を奪われるのではなく、いつもと同じ生活をしたうえでいくらかが還元を受けられるという流れを作ることができると、上手くキャッシュレス決済と付き合っていけるのではないかと思います。