〔PHOTO〕gettyimages

ドイツの「失敗移民政策」の轍を踏まないために日本がいますべきこと

移民・難民問題を甘く見てはいけない

EUを崩落させるほどの破壊力

ドイツのブレーメン、エッセン、ベルリンなどで暗躍していたレバノン・マフィアのボス、イブラヒム・ミリが、7月、ようやくレバノンに母国送還された。ショバ代の恐喝、麻薬取引、武器の取引、売春のための人身売買などで有名な組織犯罪グループのボスだ。

ドイツにはレバノンの組織犯罪グループが多い。1980年代、ドイツはレバノン内戦を逃れてきた難民を多く受け入れたが、その一部が、マフィアのような血族集団的な暴力団となった。ミリ・ファミリーも、1980年代に出来た犯罪組織の一つで、現在は、約30の同族ファミリー、計2600人のメンバーで成り立っているという。

 

今のドイツでは「移民」という言葉でひとくくりにされる彼らだが、仕事はプロで、ビジネスライク。下手に告発しても、裁判になれば検察が負ける可能性も高いという。

結局、誰も触りたがらないまま、ドイツ政府はその状態を40年間も放置してきたため、ドイツでは一部の都市の片隅に“no go area”というべき、警察も足を踏み入れたがらない地区ができた。だから、そんな犯罪組織のボス、ミリを母国送還したというのは、ドイツの検察にとっては久々の快挙のはずだった。

〔PHOTO〕gettyimages

ところが、ミリは10月にまた古巣のブレーメンにいることが分かった。入国禁止となっていたはずなのに、難なく戻ってきていたのだ。

政治家は日頃から、EU国境の監視と防衛の強化などと言っているが、実はすっぽ抜けらしい。しかも、ミリは今回は、ドイツへの亡命を申請した。レバノンでシーア派の犯罪組織に命を狙われているからだそうだ。

ドイツの基本法(憲法に相当)十六条には、「政治的に迫害される者はドイツで庇護権を享有する」という一項があるため、常に多くの難民が政治的迫害を理由に難民申請をする。ただ、これだけはうまくいかず、11月23日、ミリは異例の迅速さで、再びレバノンに戻された。2度とも専用ジェット機で。

そのコストだけでもバカにならないが、もちろん国民の税金である。内務大臣は、現在、ドイツ国境で行われている監視をさらに厳しくするようにという命令を出した。そのためには、国境警備の警官を増やさなければならないし、国境での渋滞という有難くないオマケもつく。