ネットを支配する「シニシズム」「冷笑主義」という魔物の正体

ネットの論争が散々な結果に終わる理由

「提灯記事書いてくれと金積まれたんですか?」

現代ビジネスで記事を書かせていただくのは、これが2回目である。前回の「マスコミの『迷惑行為』が日本社会でこんなに叩かれる理由」という記事は、幸いにして多くの方々に読んでいただいた。まあ、辛辣な批判が数多く寄せられたが…。

それらの批判には反論したいものもあるが、そのなかの一つに「どこからから(マスコミの:引用者)提灯記事書いてくれと金積まれたんですか?」というものがあった1

〔PHOTO〕iStock

そりゃ、原稿料ぐらいはいただくけれども、前回の記事の内容について誰かから頼まれたとか、そういうことは一切ないし、マスメディアの「提灯記事」を書こうという意図もない。この数年来、ずっと考えてきたことを改めて文字にしただけの話だ。

もちろん、この批判というか難癖自体は、どこかの誰かの思い込みにすぎず、世論を代表しているとか、そういう話ではまったくない。しかし、気に食わない主張に出くわしたとき、その論者を否定するためのお手軽な手段として、こうした「シニシズム」が機能しているのではないか、という今回の話の枕として紹介させていただいた次第だ。

 

シニシズムとはなにか

シニシズム(冷笑主義)という言葉は、それを使う人によってかなり意味が異なる。そこで本稿ではとりあえず「他者の言動を利己的な利益追求という動機の語彙でつねに解釈しようとする態度」としておこう。

「あの人はなぜこんなことをしたのか(言ったのか)」を理解しようとするさい、社会的使命感とか正義感ではなく、金銭欲や性欲、名誉欲といった狭い意味での利益追求という観点からだけで解釈しようとする態度のことである。

関連記事