トヨタウォレットが「まるで7payのよう…」と不安視される理由

肝心のトヨタの顔が見えてこない
岩田 昭男 プロフィール

「コネクテッドカー」との関連性が不透明

トヨタがいま何を第一に考えているかというと、クルマの在り方が大きく変わる未来においてもモビリティ(移動)産業の主役でありたいということだと思います。

そのなかで重要な役割を果たすのが「コネクテッドカー」です。つまり、接続するクルマ、常時インターネットとつながったクルマです。あらゆる情報通信機能が詰め込まれます。

Photo by gettyimages

しかし、そうした観点から考えると、コネクテッドカーの全体像やキャッシュレスとの関係がまったく見えてきません。にもかかわらずトヨタウォレットの発表をするのは、利用者にとって非常に失礼なことなのではないかと筆者は思います。

「前払いも後払いもできます、即時決済だってできます」というのが今回の発表の要旨ですが、単なる容器、ツールを差し出しただけで、コネクテッドカーのとの関連はまったくわかりません。自動運転で余裕ができたドライバーにキャッシュレス決済を楽しんでもらう、と天下のトヨタが考えたなどとは思いたくもありません。

 

ややうがった見方をすれば、ヤフーとLINEの記者会見の翌日に発表したということは、トヨタとしてそれなりの存在感を見せておかなければならない、ということだったのかもしれません。ただし、トヨタ自動車はリリースしていません。あくまで前記した傘下の2社の発表です。