2019.11.29
# 米国

トランプ弾劾、いよいよ「待ったなし」になってきたワケ

アメリカの憲法と国家を守るために
橋爪 大三郎 プロフィール

風向きが変わる

誠実で信望の厚いジョン・マケイン上院議員が存命であったなら、上院の共和党を取りまとめて、トランプ政権と決別する可能性があった。いま上院に、マケイン議員に代わるリーダーはいない

 

結局、共和党上院議員は、選挙区の有権者の動向に左右される。選挙区の有権者の動向は、テレビ中継される証人の証言や、議会での弾劾審議で疑惑がどこまで明らかになるかにかかっている。民主党は、世論にアピールしようと、全力をあげている。

下院で証言した証人たちは、誠実で優秀な人びとだった。移民や移民の子として、苦労して道を切り開き、政府職員になった。イヴァノヴィッチ元ウクライナ大使が証言を終えると、拍手が巻き起こった。

トランプ弾劾を支持する国民は、世論調査でおよそ50%。これがあと5%上積みされると、風向きが変わる

そうなるかどうか。アメリカ世論の動向から目が離せない。

【連載:橋爪大三郎の「社会学の窓から」】最新バックナンバーはこちらから
SPONSORED