# クラウドファンディング # 資金調達

いま注目のクラウドファンディング「うまくお金を集める」3つのコツ

気軽に始めると失敗する
竹内 謙礼 プロフィール

人の心を揺さぶるからこそ成功する

ここまでの成功の秘訣を整理すると、次のようになる。

・全力でやる。
・クラウドファンディングの「その後」を考える。
・事前準備をしっかりやる。

他にも、支援した人達に魅力あるリターンを提示したり、プレスリリースを打ってメディアの注目を集めたり、やらなくてはいけないことが山ほどある。

 

数百万、数千万円のプロジェクトであれば、その苦労を乗り越えてクラウドファンディングに挑戦する理由もわかる。

しかし、10~20万円ぐらいのプロジェクトであれば、自己資金でやったほうがうまくいくのではないかと思うことも少なくない。

クラウドファンディングの難しいところは、夢を語らなくてはいけないところである。

少しでも下心が見え隠れしてしまうと、支援者の気持ちが一気に白けてしまう。

自分の欲を全て打ち消して、善意だけで人に夢を語ることができる人を、心の底から信じてくれる人は、決して多くはないと思ったほうがいい。

クラウドファンディングに対して、やや厳しいコメントになってしまったところもあるが、このくらいの覚悟を持って取り組んだほうがが、相手に自分の思いや夢が伝わりやすくなり、資金調達の確率はぐっと高まるはずである。

共感者からお金をもらうというのは、その人の心を奪いにいくのと同じことなので、一般的なビジネスよりもハードルが高い。

しかし、そのくらいの危機意識を持ってクラウドファンディングに取り組めば、その思いは必ずページに乗って支援者の心を揺り動かして、あなたの夢の扉をこじあけてくれるはずである。