# 資金調達 # クラウドファンディング

いま注目のクラウドファンディング「うまくお金を集める」3つのコツ

気軽に始めると失敗する
竹内 謙礼 プロフィール

1回の資金調達で会社を起業したり、お店をオープンしたりするのであれば、お金が回り出すので資金調達の意味合いも出てくる。

しかし、1回の資金調達で、「はい、プロジェクトが成功して、商品が売れました」では、もう次がない。

 

再びクラウドファンディングを利用しても、初回よりも支援者は少なくなるし、1回購入した人がリピートする可能性も低い。

「資金を集めました。売れました。以上」のビジネスモデルで仕掛けてしまうと、どうしても刹那的な商売で終わってしまう

だから、クラウドファンディングをやる前に、必ずクラウドファンディングが終わった後のことまで考えなくてはいけない。

photo by istock

集めた人にリピートしてもらう仕掛けや、クラウドファンディングを通じて支援者に定期的に情報発信をしていく等、2~3歩先のことを考えた戦略を事前に考えなくてはいけない

その続きがないと、支援者のほうにも「あのプロジェクトは中途半端に終わったよね」とネガティブな感情を引きずられてしまう。

人の感情と引き変えにお金を引き出したために、相手が感情を引きずりやすくなってしまうのも、クラウドファンディングの難しさでもあるのだ。

事前準備で勝負が決まる

3つ目のポイントは、「事前準備で勝負が決まる」という点である。

一番大事なのは支援をしてくれる人を最初から集めておくことである。

商品化した商品を購入してくれる人を、クラウドファンディングを始める前から確定しておくことが重要

クラウドファンディングの一番難しいところは集客なので、プロジェクトが始まる前には、ある程度、購入者に目星をつけておく必要がある。

少なくとも、「クラウドファンディングをやれば支援者が集まって売れてくれるかも」ぐらいの軽い気持ちでは、資金調達はうまくいかない。

知らない人が知らない人に共感する確率は非常に低く、その人がお金を出してモノを買ってくれる可能性はさらに低い。

知らない人でも支援したくなるようなプロジェクトは、ストーリーを見ただけでワクワクするような商品やサービスだ。