# クラウドファンディング # 資金調達

いま注目のクラウドファンディング「うまくお金を集める」3つのコツ

気軽に始めると失敗する
竹内 謙礼 プロフィール

生半可な金額とプロジェクトを設定してしまうと、自分の人脈や信頼をも壊しかねないリスクもある。

よほど感動的な大プロジェクトであれば話は別だが、少しでも私利私欲的な雰囲気が出てしまうと、お金が集まらなかった時に「ほらみたことか」と思われるかもしれないし、お金が集まったとしても、「こんなことでお金を集めるのか」と、うがった目でみられてしまうかもしれない。

どちらに転んでも、一部の人たちから誤解を受けやすいところがある。

 

だからなおさら、クラウドファンディングは全力でやる心意気が必要である。

人の感情をお金に換えるのだから、当たり前といえば、当たり前の話である。

「いやいや、そこまで意気込まなくても、クラウドファンディングで成功している人はたくさんいるでしょ」

そう反論される人もいるかもしれない。

しかし、これは多くのネットビジネスと構造は同じ。

ごく一部の成功者だけにフォーカスされてしまい、実際は多くの人が苦戦しているのが現状である。

うまい金儲けの話はどこにもない

何をやるにしても商売で儲かる確率というのは同じであり、クラウドファンディングだけが特別に資金調達ができて、モノが売れる確率が高いというわけではない。

継続して資金調達するためには?

もうひとつのポイントは、「終わった後のことを考えなくてはいけない」という点である。

クラウドファンディングは全力で自分の思いをぶつけるため、2回目、3回目と連続して資金を調達することが難しい。

中には人気プロジェクトとして継続して資金調達ができるケースもあるし、商品化されて、販売され続けることもある。

photo by istock

しかし、何度も「夢を叶えるためにお金ください」を繰り返し言っていると、次第に支援者も離れていってしまう。

人が簡単に共感できないからこそ、共感するプロジェクトに価値があるわけであって、繰り返し共感を呼べるプロジェクトを、一人の人間が連続して行うことは非常に難しいところがある(芸能人や有名人は別として)。